ニュース

「1個1000円」をうたう家庭用センサーがファンディング開始、「ドアの開閉」「ポストの投函」などをスマホに通知

月額無料で利用可能

 アトムテック株式会社は6日、スマートセンサー「ATOM Sensor」シリーズのクラウドファンディング受付を開始した。同社のネットワークカメラ「ATOM Cam」と組み合わせて使う製品で、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて、All or Nothing方式で11月20日まで募集を受け付けている。

 製品ラインナップは、ATOM Camと接続する受信機「ATOMドングル」、設置している場所の開閉を検知する「ATOM開閉センサー」、赤外線で設置箇所付近の動体検知や明暗の確認ができる「ATOMモーションセンサー」の3種類。

 クラウドファンディングでの出品は、いずれも複数製品のセットで、最低価格が4050円(ATOMドングル1個、ATOM開閉センサー2個、ATOMモーションセンサー1個、限定300セット)。このほか、ATOM Camとのセット(6700円~)も用意されている。同社では、上記の最低価格の場合、ユニット1個あたりの価格がほぼ1000円になることから「1個1000円」をうたっている。

左から「ATOMドングル」「ATOM開閉センサー」「ATOMモーションセンサー」

 スマートフォンに専用アプリを入れることで、センサーの内容を好きなタイミングで確認できるほか、スマートフォンの通知機能で、ドアの開閉などをリアルタイムに確認することも可能。

 具体的な利用例としては、冷蔵庫やエアコン、窓に開閉センサーを設置することで、使用(開閉)されているかの確認や、郵便ポストにモーションセンサーを設置することで郵便物の到着を通知することなどができる。

開閉センサー アプリ使用時の画面
モーションセンサー アプリ使用時の画面

 また、ATOM Camと連動することで、センサーと連動した録画ができるほか、複数のウェブサービスを連携し自動化できるアプリ「IFTTT」にも対応している。

 サイズ(幅×奥行き×高さ)は、ATOMドングルが約24×28.5×約52mm、ATOM開閉センサーが約38×12.8×約38mm、ATOMモーションセンサーが約38×約24×約38mm。

 各センサーは電池で動作(連続動作18か月)。個々のセンサーはATOMドングルと920MHz帯で通信(最大100m)する仕組みで、ネットとの通信はATOMドングルを介してATOM Camが行う。また、ATOMドングル1個あたり、最大100個のセンサーを接続できるとのこと。

 同社ではセンサータイプの拡充を検討しており、今後、温湿度センサーや水没センサー、警告アラームなどを考えているという。