Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ネットアーク、Winnyなど“P2Pファイルネットワーク”のグラフ化に成功


 ネットアークは23日、WinnyなどのP2Pファイル交換による「P2Pファイル交換ネットワーク」の解析・グラフ化に成功したと発表した。

 ネットアークでは、2003年6月にWinnyやWinMXといったP2Pファイル交換ソフトのP2Pノードを自動的に探索するシステム「P2P FINDER」を稼働開始しており、2003年12月までに約100万ノードを発見しているという。同社ではこの度、このP2Pネットワークの監視データを元に、P2Pファイル交換ネットワークの解析とグラフ化に成功したとしている。

 具体的には、ネットアークが2004年6月に集計したP2Pファイル交換ノードに対する「traceroute」結果のグラフ化に成功。インターネットで問題となっている、トラフィックの集中箇所を具体的かつ視覚的に確認できるようになった。これによって同社では、企業内部でのP2Pファイル交換ソフト利用による著作権侵害行為や情報漏洩のリスクに加えて、国内通信事業者が抱えるネットワーク管理上のリスクも具体的に把握できるようになったという。

 ネットアークでは、この解析結果を国内通信事業者へ提供することも踏まえ、より詳細な解析を引き続き行なっていくとしている。


ネットアークがグラフ化したP2Pファイル交換ネットワーク。中央部分のネットワークが過密しており、トラフィックが集中していると推測できる グラフの一部を拡大したもの。1点から枝分かれしてネットワークが広がっているのがわかる。このことから、枝分かれの根元部分にトラフィックも集中していると思われる

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.netarc.jp/p2pfinder.html

関連記事
ネットアーク、法人向けP2Pファイル交換の無料診断サービス(2003/12/05)
ネットアーク、企業・大学向けにP2P監視サービスを提供開始(2003/10/01)
WinnyやWinMX利用者の58%がADSLを利用している〜ネットアーク調査(2003/09/01)
ネットアーク、8月1日時点でのWinnyとWinMXの利用者数は56万ノード(2003/08/04)


( 大津 心 )
2004/06/23 12:13

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.