ニュース

請求書払いへの対応も開始、直販サイト「ASUS Store」に法人・教育機関向けの特設ページ開設.

 ASUS JAPAN株式会社は、公式オンラインストア「ASUS Store」内に、法人・教育機関向けの特設ページ「ASUS for Business & Education」を開設した。法人・文教市場向けのPC製品ラインアップを紹介するとともに、同社製品の導入・活用事例も掲載する。あわせて、法人・文教市場向けのノートPCやデスクトップPCなど11製品・21モデルを、5月より順次、同オンラインストアおよびリアルストアの「ASUS Store Akasaka」(東京都港区)で販売開始すると発表した。法人・文教市場向け製品では、OSにWindows 10 Proを搭載するとともに、3年間の保証が付く。

 また、ASUS Store Akasakaでは、法人や個人事業主が利用できる決済方式として「買掛サービス」を新たに開始する。製品を先に納品し、代金をあとで支払うことが可能な方式で、いわゆる請求書払いだ。購入したい商品・数量を申し込むと、ASUS Store Akasakaから見積りの提示と、買掛サービスの申し込み手順が案内される。

 なお、買掛サービスを利用するには、売掛債権を代行する提携会社への登録・審査がある。審査に要する時間は5~7営業日で、審査通過後、1~2営業日で商品が発送される。

 リアルストアのASUS Store Akasakaのほか、オンラインストアのASUS Storeにおいても法人問い合わせ窓口から問い合わせれば、ASUS Store Akasakaから見積もり書と決済方法を案内するため、地方の法人でも買掛サービスを利用可能だとしている。

 このほか、オンラインストアのASUS Storeでは、見積書の自動発行機能を2019年5月中旬より追加する。購入を検討中の商品をカートに入れることで見積り書を簡単に作成できるため、企業内で稟議にかけやすくなるという。さらに、カスタマイズサービスも追って提供する予定だ。すでに3月よりゲーミングPC製品6モデルで提供しているが、今後、。法人・文教市場向け製品においてもストレージやメモリのアップグレードなどのカスタマイズに対応するかたちだ。

 ASUS JAPANによると、ASUS Store Akasakaではこれまで先払い方式の決済で販売していたが、法人利用が同店の売上の15~20%を占めていたとみられるという。今回の買掛サービスなど法人向けサービスの拡充により、部署単位での小規模の購入などでASUS Store AkasakaおよびASUS Storeが利用しやすくなるとしている。

 法人・教育機関向けの特設ページ開設にあわせて、ASUS製品の導入トライアルキャンペーンを実施中だ。ASUSのPC製品2台以上の購入を検討している法人、教育機関、個人事業主限定で、1台目を20%割引で販売する。法人問い合わせ窓口からの申し込みで、4月17日~6月30日の注文分を対象に、1法人につき1回適用可能だ。

 文教市場に向けた施策としては、「教育機関向けプライベートストア」の提供開始も発表された。これは、各教育機関が専用のASUS Storeページを開設できるもので、学生・教職員がログインすることで、特別価格でASUS製品を購入できるようになる。