ニュース

よみうりランド、観覧車での「空中テレワーク」にも対応、ワーケーション向け新プラン提供開始、1日1900円

 株式会社よみうりランドは、新プラン「アミューズメントワーケーション」を10月15日より提供すると発表した。東京都稲城市/川崎市多摩区にある遊園地「よみうりランド」において、プールサイドに電源やWi-Fiを備えた同プラン専用スペースを整備。テレワーク利用者向けに貸し出すほか、観覧車のゴンドラに乗って空中でテレワークやテレビ会議ができる特典も付ける。

 利用料金(税込)は、平日が1人1日1900円、土日祝日が2000円。1ブースにつき2人まで利用でき、2人利用の場合のペア料金は3600円(平日・土日祝日共通)。同プランには、よみうりランドの入園料のほか、ブース使用料(テーブル×1、イス×2、デッキチェア×2)、Wi-Fi利用料、電源利用料、ポケットWi-Fiが付いた観覧車1時間乗車券、園外施設「丘の湯」のタオル無料券が含まれる。なお、席数・利用人数には制限があり、申し込みは先着順。公式サイトでは、利用日の1カ月前から予約を受け付ける。

 よみうりランドでは「都心から30分にも関わらず、美しい水面を目の前に輝く太陽の下で仕事ができる、お手軽なワーケーションとしてお使いいただける」と提案。また、観覧車のゴンドラ1台を1時間(4周分)貸し切って「完全プライベート空間で働くこともできる」としている。「園内にはスターバックスもあり、おいしいコーヒーとともに普段と違う開放的な環境でのアイデア出しに使ったり、観覧車からのオンラインミーティングで同僚を驚かせたり、使い方は様々です」。

 ブースの利用時間は9時~16時だが、それ以降も遊園地内の利用は可能だ。「仕事を終わらせたあとは、家族と合流して遊園地を楽しんだり、温浴施設『丘の湯』やゴルフ練習場『よみうりゴルフガーデン』で汗を流すなど、よみうりランドならではの充実したアフター5もお過ごしいただけます」。