ニュース

令和3年分の「確定申告」がスタート、申告期間は3月15日まで

新型コロナの影響がある人は4月15日まで、個別に延長申請も可能

国税庁の「令和3年分 確定申告特集」サイト

 令和3年分(2021年分)の所得税の確定申告の受付がスタートした。申告期間は2月16日から3月15日までの1カ月間。

 ただし、新型コロナウイルス感染症の影響で申告等が困難な人を対象として、4月15日までは、簡易な方法での申告・納付期限の延長を申請できるようにすることを国税庁が発表している。期限後に申告が可能になった時点で、申告書の余白等に「新型コロナウイルスの影響により延長を申請する」旨を記載したうえで提出すればよく、別途「延長申請書」を作成・提出する必要はないとしている(詳細は関連記事を参照)。

 国税庁では、確定申告に関する情報や申告書の作成ツールなどをまとめた「令和3年分 確定申告特集」のウェブサイトを公開中だ。

 また、国税庁では、外出せずに申告書を提出できる「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」が便利だと案内。e-Taxを利用できない人も、作成した申告書を郵送で提出することもできるとしている。

「INTERNET Watch」では、確定申告に関連する情報を多数掲載しています。e-Taxで確定申告を行なうメリットや青色申告ソフト使い方e-Taxの際に利用するマイナンバーカードの申請手順税金の基礎知識についての記事など、あわせてご覧ください。

【令和3年分(2021年分) の確定申告】関連情報・最新記事はこちら