ニュース

令和3年分の確定申告、4月15日まで個別に延長申請を認める。今年は1カ月の一律延長はなし

国税庁の「令和3年分 確定申告特集」サイト

 国税庁は2月3日、令和3年分(2021年分)の確定申告について、新型コロナウイルス感染症の影響で申告等が困難な人を対象として、4月15日までの間、簡易な方法での申告・納付期限の延長を申請できるようにすることを発表した。

 令和3年分の申告所得税・贈与税の確定申告期間は2月16日から3月15日まで、個人事業者の消費税の確定申告については3月31日までとなっているが、期限後に申告が可能になった時点で、申告書の余白等に「新型コロナウイルスの影響により延長を申請する」旨を記載したうえで提出すればよく、別途「延長申請書」を作成・提出する必要はない。

 この簡易な方法による期限延長申請については、国税庁がPDFで記載例FAQを公開している。

 申告書を書面で提出する場合は、申告書の右上の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載する。国税庁の「確定申告書等作成コーナー」や各種会計ソフトを利用してe-Taxで提出する場合は、それぞれ申告書の所定の欄にその旨を入力するよう案内している。

 オミクロン株による感染の急拡大に伴い、確定申告期間にかけて納税者自身や従業員・顧問税理士などが自宅待機を余儀なくされるなどの理由により、申告が困難になるケースが増えることを想定しての措置だ。

 なお、新型コロナウイルス感染症の影響が初めてあった一昨年の令和元年分(2019年分)の確定申告では、申告期間を全国一律に4月16日まで1カ月間延長し、それも困難な人に対し、今回と同様の簡易的な手続きで個別に延長申請を認める方針をとっていた。また、昨年の令和2年分(2020年分)の確定申告も4月15日まで1カ月間延長されたが、今年はこうした一律の申告期間延長を経ずに、個別の延長申請手続きが案内されたかたちとなる。

 なお、4月16日以降も新型コロナウイルス感染症の影響で申告等ができなかった場合は、申告等ができるようになった日から2カ月以内に「延長申請書」を所轄の税務署に提出する必要がある。

「INTERNET Watch」では、確定申告に関連する情報を多数掲載しています。e-Taxで確定申告を行なうメリットや青色申告ソフト使い方e-Taxの際に利用するマイナンバーカードの申請手順税金の基礎知識についての記事など、あわせてご覧ください。

【令和3年分(2021年分) の確定申告】関連情報・最新記事はこちら