記事検索

Google、「AdSense for Feeds」などのサービス統廃合予定を発表


 米Googleは9月29日、2011年秋から進めているサービス統廃合の新たな予定を発表した。Googleでは、より重要なプロジェクトに集中する戦略の一環として、利用者が少ない製品や、優先度が低いと考えられる製品などを打ち切る措置を進めており、これまでに60近い製品・サービスの統廃合を実施している。

 RSSフィード向けの広告配信サービス「AdSense for Feeds」については、10月2日からサービスの終了に向けた作業を開始し、12月3日にサービスを完全に終了する。「FeedBurner URL」は引き続き利用できるため、別のURLにリダイレクトする必要はないとしている。

 写真共有サービス「Picasa Web Album」については、今後数カ月でオンラインストレージの「Googleドライブ」に統合する。現在、Picasa Web Albumは1GB、Googleドライブは5GBまで無料で利用できるが、両サービスを利用していた場合でも統合後は無料で利用可能な容量は5GBまでとなる。また、Googleドライブのストレージ容量追加プランについては、無料分との合計容量に変更。有料の100GBプランを購入した場合、無料の5GBに100GBが追加される形ではなく、合計で利用可能な容量が100GBとなる。Googleでは、このアプローチの方がユーザーにとってわかりやすいとしている。

 このほか、9月28日に発表した検索動向調査ツール「Insights for Search」の「Googleトレンド」への統合や、Googleの検索ページに背景を設定できる「Classic Plus」、英語版Google Newsで提供している「Google News Badges」、Androidアプリ「Places Directory」、ウェブマスター向けに提供しているGoogle+の「+1」レポートツールをそれぞれ廃止することを発表している。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/10/1 15:08