記事検索

Google「ストリートビュー」が長崎・軍艦島へ、過去最大のアップデート実施


 米Googleは11日、「ストリートビュー」において過去最大のアップデートを実施したと発表した。

 Googleではこれまでに世界の500万マイル以上の道のストリートビューを公開していたが、今回、25万マイル以上をアップデートしたという。対象となる地域は、マカオ、シンガポール、スウェーデン、米国、タイ、台湾、イタリア、英国、デンマーク、ノルウェー、カナダとなっている。

 あわせて、名所などのストリートビューを公開している「スペシャルコレクション」を倍増した。これには、南アフリカ、日本、スペイン、フランス、ブラジル、メキシコなどが含まれる。

万博公園。「太陽の塔」の真下まで行って見上げたり、「黒い太陽」も見られる

阪神甲子園球場。1塁側〜3塁側内野スタンドからの眺めが見られる。スタンド裏の建物内通路を通り抜けられるようになっており、売店に置いてあるタイガースグッズもよくわかる

 グーグル株式会社によると、スペシャルコレクションで公開された場所は、世界で数百カ所に上り、このうち日本が200〜300カ所含まれる模様。具体的には、北の丸公園、万博公園、阪神甲子園球場など、公園や文化財、史跡、名所などが多いとしている。

 また、「軍艦島」として知られる長崎県の炭坑跡の島・端島のストリートビューもある。残念ながら海上からのみで上陸はできないが、長崎港の桟橋を離れた直後から軍艦島を1周するまでを、船の後部から撮影したストリートビューとして見ることができる。

 今回追加されたスペシャルコレクションは、「ストリートビューギャラリー」のページに近日中にまとめられる予定だが、現時点でも公開はされている。「Google マップ」の地図上でペグマンをドラッグ&ドロップすることで表示可能のため、気になる名所があれば、ストリートビューが公開されていないかどうかチェックしてみるといいだろう。

「Google マップ」の地図上でペグマンを端島付近にドラッグすると、道路のストリートビューと同様に航路が青色の線で表示される。その上にドロップすれば、船上からのストリートビューが表示される。ちなみに青い点は、ユーザーによって「Panoramio」などに投稿されているその場所の写真を閲覧できるポイントだ

軍艦島

「ストリートビュー」で接近できるのはここまでだが、ユーザーが「Panoramio」などに投稿している多数の写真にもリンクされているので、上陸気分は十分に味わえる




関連情報


(永沢 茂)

2012/10/12 19:38