携帯ゲーム機のような見た目のNGN対応回線品質測定器


AccessOne FE/GbE L2 TESTER

 「Interop Tokyo 2009」のNECグループブースでは、NECネッツアイが次世代ネットワーク(NGN)対応ハンディテスタ「AccessOne」シリーズを展示していた。

 「AccessOne」は、インターネット回線の構築・運用・保守の現場で作業員が使用する機器。回線品質(パケットロス、遅延、ゆらぎ、帯域)やネットワーク接続機器に対する接続性を測定する。横長の本体に4.3インチ型LCDタッチパネルを備え、十字キーや○×ボタンがある。携帯ゲーム機のような見た目だ。説明員によれば、「測定結果を数値や○×で表示するため、わかりやすいと好評を得ている」という。

 「AccessOne」では、L2ネットワーク対応の「FE/GbE L2 TESTER」と、L3ネットワーク対応の「FE/GbE L3 TESTER」をラインナップ。価格はいずれとも26万400円。本体サイズは約180×33×90mm(幅×奥行×高)で、重量は約500g。本体カラーは「FE/GbE L2 TESTER」が青色、「FE/GbE L3 TESTER」が黄色。インターフェイスに10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-TポートやUSB2.0ポートなどを搭載。バッテリーは単三形電池4本を使用する。

本体両サイドにラバーグリップを備え、万が一の落下などにも考慮測定したい項目を選んで画面をタッチ。液晶は256色

NECグループのブースで展示していたシンクライアント端末システムハードウェア仮想化技術の製品群も展示




関連情報

(野津 誠)

2009/6/12 14:28