エス・バイ・エルが住宅ネット販売強化、平屋プラン887万円から


エス・バイ・エル取締役営業本部長兼生産技術本部長の木原実氏
「ネットdeすまい」のマーケットポジション

 住宅メーカーのエス・バイ・エル株式会社は14日、住宅のインターネット販売サイト「ネットdeすまい」をリニューアルした。建物外観の3Dシミュレーションや内装シミュレーション、間取り検索、概算見積もり、入居までのスケジュール作成などを、実名や住所などの登録不要で行えるようにし、住宅ネット販売の間口拡大を図る。

 エス・バイ・エルは、2001年にインターネットによる販売事業を開始した。住宅展示場のモデルルームを開設せず、対面で担当する営業担当者のコストなどを省くことで、既存の対面販売よりも低価格を実現。一方で、規格化され、均一な品質で施行できる工業化住宅を取り扱い商品とすることで、実物を見ずに購入するという抵抗感を緩和しているという。これまでに全国で2200棟をネット販売しており、2008年度のネット販売実績は約230棟。直近ではネット販売が同社の販売棟数の25%を占めるまでに成長した。

 リニューアルした「ネットdeすまい」では、ニックネームとメールアドレス、居住地(都道府県)を登録することで、「マイページ」を作成し、そこにシミュレーション結果や見積もりなどのデータを保存しておくことが可能。さらに付帯工事などを含めた見積もりや、資料・カタログの請求などを行う段階になってから連絡先などを登録する仕組みだ。カタログは、シミュレーションしたプランをもとに顧客ごとにカスタマイズしたものをDVDに収録して送付する。

 さらに建築申し込みを行った後は、営業担当者が対面で詳細な相談に応じるのが一般的だが、マイページ上でもユーザー主体でプランを細かく検討できる。もちろん、正式契約時は対面となるが、それまではネット上のやりとりだけで済ますことも可能。実際、これまでの成約事例の中にも、契約時まで顔を合わせなかった顧客もいるという。


「ネットdeすまい」のマイページ外観3Dシミュレーション
概算見積もりシミュレーション住まいづくりスケジュール

 エス・バイ・エルでは「ネットdeすまい」のリニューアルと同時に、新商品も投入し、ネット販売専用の商品として、2階建てが3商品/4タイプ、平屋が1商品/1タイプ、間取りのバリエーションも含め557プランをラインナップしている。価格は、新商品の少人数向け2階建てのプランが978万円(28.50坪)から、期間限定の平屋プランが887万6000円(18坪)からとなっている(いずれも本体価格のみ)。

 エス・バイ・エルによると、これまでのネット販売の購入者は男性が中心で、設備などを入念に検討する層が多かったという。今回のリニューアルにより「ネットdeすまい」の会員登録のハードルを下げることで、今後は女性の会員獲得を見込んでいる。2012年度にはネット販売を年間1200棟、比率にして50%程度にまで拡大したい考えだ。


期間限定商品の「平屋モデル」2階建てモデル新商品の「LinC」

関連情報


(永沢 茂)

2009/10/14 21:20