ニュース

ADSL/ISDN→「フレッツ光」移行で工事費無料も、NTT東日本が各種割引を延長

 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、光回線サービス「フレッツ光」の新規申し込み者を対象とした各種割引の受付期間を延長する。月額料金の24カ月間/30カ月間割引や初期工事費の割引があるほか、「フレッツ・ADSL」「フレッツ・ISDN」や他社ADSL接続サービス/CATVインターネット接続サービスからの移行の場合は初期工事費が無料になる。いずれの割引も以前から実施していたものだが、6月1日~9月30日も受け付けることが発表された。さらに期間を延長することもあるとしている。(以下、料金は税別)

「クロススタート割引」

 「フレッツ 光クロス」の月額料金が1200円×30カ月間、割引される。同サービスに新規に申し込み、2021年3月31日までに開通した回線に適用。

「ギガ・スマート割引」

 「フレッツ 光ネクスト」の「ギガファミリー・スマートタイプ」の月額料金が300円×30カ月間、同じく「ギガマンション・スマートタイプ」ならが200円×30カ月間、割引される。「にねん割」とセットで同サービスに新規に申し込み、2021年3月31日までに開通した回線に適用。

「フレッツ 光ライト もっとライトに!割引」

 「フレッツ 光ライト」の「ファミリータイプ」において、初期工事費の9000円への割引(通常は1万8000円)または月額料金の500円×24カ月間割引のいずれかを選べる。同サービスに新規に申し込み、2021年3月31日までに開通した回線に適用。

「工事費割引」

 移転時における工事費の割引と、タイプ(回線メニュー)変更時の工事費の割引がある。

 移転工事については、移転先が「フレッツ 光ネクスト」の「ギガファミリー・スマートタイプ」「ファミリー・ギガラインタイプ」「ファミリー・ハイスピードタイプ」「ファミリータイプ」、「フレッツ 光ライトプラス」、「フレッツ 光ライト」の「ファミリータイプ」の場合、工事費が9000円に割引される(通常は1万8000円)。

 移転先が「フレッツ 光ネクスト」の「ギガマンション・スマートタイプ」「マンション・ギガラインタイプ」「マンション・ハイスピードタイプ」「マンションタイプ」、「フレッツ 光ライト」の「マンションタイプ」の場合、工事費が7500円に割引される(通常は1万5000円)。

 タイプ変更時では、「フレッツ 光ネクスト」の「ギガファミリー・スマートタイプ」「ファミリー・ギガラインタイプ」「ファミリー・ハイスピードタイプ」「ファミリータイプ」または「フレッツ 光ライトプラス」から「フレッツ 光ライト」の「ファミリータイプ」への変更工事費が、1回に限り無料になる。

 同じく「フレッツ 光ネクスト」の「ギガマンション・スマートタイプ」「マンション・ギガラインタイプ」「マンション・ハイスピードタイプ」「マンションタイプ」から「フレッツ 光ライト」の「マンションタイプ」への変更工事費も、1回に限り無料になる。

 いずれも、2021年3月31日までに開通した回線に適用される。

ADSL/ISDNなどから「フレッツ光」へ移行する場合の工事費の無料化

 「フレッツ・ADSL」「フレッツ・ISDN」「INSネット64」「INSネット64・ライト」「INSネット1500」を利用しているユーザーが、「フレッツ光」に移行する場合の初期工事費が無料になる。「フレッツ光」の対象プランに新規に申し込み、2021年9月30日までに開通した回線に適用される。

 また、ソフトバンクなど、合意が得られた他社のADSL接続サービスまたはCATVインターネットからの「フレッツ光」への移行の場合も初期工事費が無料になる。「フレッツ光」の対象プランに新規に申し込み、2021年3月31日までに開通した回線に適用される。

 そのほか、「スカパー!プレミアムサービス」または「スカパー!」をアンテナで受信しているユーザーが、「フレッツ光」と「フレッツ・テレビ伝送サービス」に同時に新規に申し込み、2021年3月31日までに開通した場合、初期工事費が無料になる。

「フレッツ・ADSL」から、初期工事費が無料で移行できる「フレッツ光」のプラン

 これら初期工事費の無料化は、ADSL/ISDNから「フレッツ光」への移行を促すために行うもの。ADSL/ISDNは保守部品の確保が困難になったため、新規の受付は終了している。

 また、「INSネット ディジタル通信モード」は2024年1月に、「フレッツ・ADSL」は2023年11月にサービスが終了することも決まっている。なお、「フレッツ・ISDN」のサービス終了日は未定。

 そのため、NTT東日本は現在、ADSLまたはISDNを提供しているユーザーに対して、サービスが終了することを告知するとともに、回線の移行を促すため、ダイレクトメールなどを送付しているという。それに加えて、「『フレッツ光』への移行にかかわるお客様の費用負担を抑えるため」という割引により、「フレッツ光」への乗り換えを一層促すとしている。