ニュース

確定申告会場は「入場整理券」が必要、LINEからもオンラインで取得可能

国税庁の「令和2年分 確定申告特集」サイトで、確定申告会場への来場者への注意事項を掲載している

 令和2年分(2020年分)の所得税の確定申告の受付が、2月16日から4月15日まで、全国の税務署や特設会場で行われている。今年は新型コロナウイルス感染症対策での混雑緩和のため、申告会場への入場には、入場できる時間枠が指定された「入場整理券」が必要となっている。

 入場整理券は当日、各会場で配布されており、当日の配布状況を国税庁のウェブサイトから確認できる。同サイトを見ると、地域によっては午前中で整理券配布が終了する会場もあり、注意が必要だ。

入場整理券の当日の配布状況のページ

 また、入場整理券は、LINEを使って事前に取得することも可能だ。LINEで国税庁のLINE公式アカウントを友だち追加すれば、トーク画面からオンラインで申し込める。会場・希望日時を選択することができ、申告会場への入場時にはスマートフォンで申し込み完了画面を提示すればOKだという。

 なお、国税庁が公開している「令和2年分確定申告における感染症対策に関するFAQ」によると、「入場整理券については、作成済の申告書を提出する場合など、相談を必要としない方については取得していただく必要はありません」と説明。申告書は郵送でも提出できるとして、申告書を提出するために来場する人は郵送での提出を検討するよう呼び掛けている。

 また、国税庁では、自宅からでもスマートフォンやパソコンで申告できるe-Taxの利用も呼び掛けている。