みんなの在宅ワーク

第30回:小川奈穂(株式会社RiLi)の在宅ワーク環境

在宅ワークに「季節」を取り入れて気分をリフレッシュ

 こんにちは! 株式会社RiLiで働く小川奈穂(@nahoche)です!

 RiLiは若年層向けにトレンドを発信するメディアの運営、トレンドやニーズを汲み取ったコンテンツ作りをする会社です。

 2月より在宅ワークが弊社でも導入され、私は「商品サンプルのチェックや、対面のほうがスムーズだなと思うような打ち合わせをする日」と「集中して作業をする日」を分けて、だいたい週2日程度、在宅ワークをするスタイルが徐々に定着してきました。

 今回は、集中力散漫な私なりの「気持ちの切り替えがしやすい在宅ワーク」の様子をご紹介できればと思います。

ストレスを溜めないようすっきりと集中できる環境に

 仕事柄、社内で出たアイデアを実現化するためにさまざまな調整業務が発生することが多く、オフィスでは1日中誰かと打ち合わせで予定が埋まることもあります。

 家にいて誰にも会わない日も頭の中にいろんなことが思い浮かび、ざわざわしてしまうのではかえってストレスがたまってしまう……と思い、極力すっきりした環境にして少しでも集中できる状態を作るようにしました。

 あまりガジェットに詳しくはないので、会社で支給されているPCをベースにオフィスと変わらない装備でそろえています。

できる限り何も置かないようにしているけれど、時折商品サンプルでいっぱいになるデスク

季節の食べ物や香りで気分を意識的にリフレッシュ

 集中する環境作りと同じくらい、気持ちを切り替えてリフレッシュできる時間を確保することも気にするようになりました。時間も気分も意識的にメリハリをつけたほうが働きやすいな、と思ったことがきっかけです。

 まず、春も夏もあまり外に出られなかったので、代わり映えしにくい在宅中心の生活に季節感を取り入れたく、そのときの季節を感じられる食べ物や香りを取り入れるようになりました。

パソコンとキーボードとスイカです

 食べ物でいうと最近は秋なので栗や芋を堪能していますが、夏場はスイカをおやつ時に食べていました。オフィスにいる時間が長いと日中にスイカを食べることってなかなかないよな……と思い、今年はまるごと1玉を近くのスーパーで購入。仕事で乱れ打ちした各所への連絡を待つ間、日差しを浴びながらスイカを食べることができて、今年もしっかり夏を感じることができました。

その時折で使い分ける香りシリーズ。ルームスプレーなどもいくつか用意

 夏の終わりごろからお香も取り入れるようになりました。お盆の時期におばあちゃんの家で香った感じを演出したくて、まるで夏休みの宿題に奮闘する小学生のようなスタイルをテーマに書類と戦っていました。

 イソップのスプレーはワンプッシュで即リフレッシュできるので保湿もかねて愛用中。秋は随所で金木犀の香りをまとっています。

 集中する時間と一息つく時間をセットで工夫することで、だいぶ気持ちの切り替えがスムーズになり、作業もしやすくなりました。オフィスに籠りっきりだったときに感じにくかった日々のちょっとした様子も大事に、これからも在宅ワークを楽しみたいと思います!

小川奈穂の在宅ワーク環境

  • メインPC:MacBook Pro (13-inch、2017)
  • ディスプレイ:2画面
  • キーボード:Apple Magic Keyboard
  • マウス/トラックボール/トラックパッド:MacBook Proのトラックパッド
  • カメラ:MacBook Proの内蔵カメラ
  • マイク/ヘッドフォン/スピーカー:AirPods
  • ビデオ会議サービス:Google Meet/Zoom
  • 机:楽天で買ったテーブル
  • 椅子:楽天で買ったオフィスチェア
  • その他小物:コーヒー、適度なおやつ

小川 奈穂

株式会社RiLiのブランディングチームにて広報、企画ディレクション担当。最近は新宿伊勢丹で行われるポップアップイベントに向けて毎日奮闘しています。RiLi.tokyo