ニュース

TP-Link、AI検知とパンチルトに対応した400万画素ネットワークカメラ「Tapo C225」発売

 ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)は4月20日、屋内用パンチルト対応ネットワークカメラ「Tapo C225」の国内販売を開始した。市場想定価格は8690円。

 1/3インチ、400万画素のセンサーを搭載し、2560×1440ピクセル/15fpsの映像を撮影できる(H.264圧縮)。「スターライトセンサー」により暗所でもカラー撮影できるほか、赤外線LEDによるナイトビジョン撮影も可能。遠くまで撮影可能になる850nmと、赤く光らない940nmの、2つの赤外線LEDを選択できる。

 映像は本体のmicroSDカードスロットに装着したカード(別売、最大512GBに対応)に保存できる。また、同社のクラウドサービス「Tapo Care」に契約し、映像を保存することもできる。

 水平360°、垂直149°のパン・チルトに対応。レンズを回転させて本体内に隠し、物理的に撮影不能な状態にする「フィジカルプライバシーモード」にも対応する。無線LANはIEEE 802.11n/g/bの2.4GHz帯に対応。給電は付属の電源アダプターにより行う。

 Android/iOSアプリ「TP-Link Tapo」から、各種設定や映像の視聴が可能。アプリを通じて、カメラ本体に付属のマイクとスピーカーによる通話が行える。

 「スマートAI検知&通知」機能を搭載。人物やペット、車両を検知した場合のほか、あらかじめ設定したエリア(アクティビティゾーン)で動作があった場合や境界線(ライン)を何かが越えた場合、赤ちゃんの泣き声やペットの泣き声、破壊音があった場合などにスマートフォンへの通知を行える。また、検知した対象を追跡する「スマートトラッキング」も利用できる。

スマートAI検知のイメージ