Internet Watch logo
記事検索
バックナンバー
第59回 いよいよ位置情報がキーワード広告の世界にやってきた
[2005/12/06]
第58回 AOLの持つパワーを奪い合う検索エンジン企業たち
[2005/11/14]
第57回 MITの100ドルパソコンとGoogleNetの深い関係
[2005/10/12]
第56回 検索エンジンと中国の関係はどこに向かうのか
[2005/09/20]
第55回 インターネットのコメントとレビュー
[2005/08/31]
第54回 検索エンジンの未来はどうなる?
[2005/08/11]
第53回 RSS検索が市民ジャーナリズムを支えていく?
[2005/07/15]
第52回 ディープWebを浮上させるYahoo!の戦略とは
[2005/07/01]
第51回 検索エンジンの「リミックス」って何だ?
[2005/06/07]
第50回 クリック詐欺がテレビニュースになる日
[2005/05/18]
第49回 ライブドアだけじゃない、すさまじい検索企業の買収劇
[2005/04/04]
第48回 Yahoo!とGoogleの戦争、コンテキスト広告でも勃発!
[2005/03/16]
第47回 「長いしっぽ」が世界に革命を起こす
[2005/03/04]
第46回 検索エンジン最新トレンドは「使い勝手」だ!
[2005/02/14]
第45回 コメントスパムをみんなでやっつけよう
[2005/01/28]
第44回 検索エンジンマーケティング業界が分裂?
[2005/01/14]
第43回 検索エンジンを崩壊させる「クリック詐欺」が撲滅されない本当の理由
[2004/12/08]
第42回 MSN SearchはGoogleを超えたか?
[2004/11/26]
第41回 キーワード広告に定額制が導入される?
[2004/11/12]
第40回 デスクトップ戦争が熱くなってきた!
[2004/10/28]
第39回 Googleがホスティング事業に進出!?
[2004/10/13]
第38回 A9が「検索ヒストリー機能」をひっさげてやってきた
[2004/09/28]
第37回 マイクロソフトはヤフーに法廷闘争を仕掛けるか?
[2004/09/09]
第36回 サーチエンジンオーバードライブの夜
[2004/08/25]
第35回 GoogleとYahoo!の和解で、業界はどう変わる?
[2004/08/11]
第34回 検索エンジン特許から業界展望を読む
[2004/07/29]
第33回 Googleの株価はどうなる?
[2004/07/15]
第32回 ラスベガスのSEO企業にご注意を!
[2004/06/30]
第31回 Googleが裁判で敗れる日!?
[2004/06/16]
第30回 Yahoo! JAPANとGoogleの提携解消が与える影響は?
[2004/06/01]
第29回 GoogleとMicrosoftの「仁義なき戦い」
[2004/05/26]
第28回 新しい検索エンジン「ウジコ」って何だ?
[2004/05/12]
第27回 オークション大戦争、前哨戦が中国で勃発?
[2004/04/21]
第26回 Googleの新しいメールは盗聴システムになる?
[2004/04/07]
第25回 Yahoo!が独自のページランクテクノロジーを開発?
[2004/03/25]
第24回 「ローカルサーチ」という新しいトレンドって?
[2004/03/10]
第23回 Yahoo!の新しい検索エンジンは、アンチスパムを装備
[2004/02/25]
第22回 Googleはネット共同体からイチ抜けた?
[2004/02/10]
第21回 画期的に新しい? MSN Searchの驚くべき戦略とは
[2004/01/28]
第20回 検索結果がビジュアルになるメリットって?
[2004/01/13]
第19回 再編される検索エンジン業界の余波、続々
[2003/12/16]
第18回 ビジネスと政治に翻弄される検索エンジン
[2003/12/02]
第17回 幻に消えた? MicrosoftのGoogle買収報道
[2003/11/18]
第16回 Googleが買収されると検索結果はどう変わる?
[2003/11/04]
第15回 地理感覚のある検索エンジンが登場!
[2003/10/21]
第14回 gooとGoogleの歩んでいく道は……
[2003/10/07]
第13回 OvertureとGoogleはどっちがパフォーマンスが高い?
[2003/09/24]
第12回 オーガニックな検索エンジンマーケティングって何だろう?
[2003/09/09]
第11回 Googleとユーザーたちの間に起きた「ハリウッド風エンディング」
[2003/08/12]
第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問
[2003/07/29]
第9回 ネット広告の値段で人気業種がわかる
[2003/07/08]
第8回 GoogleはNetscapeの二の舞になる?
[2003/06/24]
第7回 商品カタログ検索がネットビジネスを制覇する?
[2003/06/10]
第6回 Googleの進んでいく道の先には(下)
[2003/05/28]
第5回 Googleの進んでいく道の先には(上)
[2003/05/13]
第4回 SETI@homeと検索エンジンをつなぐもの
[2003/04/22]
第3回 狙いは“商品検索”じゃない、AmazonとGoogleの提携
[2003/04/08]
第2回 打ち捨てられた“メタタグ”が復活する日
[2003/03/25]
第1回 相次ぐ買収劇の背景を探れ!
[2003/03/11]
そこが知りたい!検索エンジンの裏側

第52回 ディープWebを浮上させるYahoo!の戦略とは

ディープWebを検索する

 検索エンジン各社はどこも、インデックスのサイズを大きくすることに苦心しているのはご存じの通り。そしてGoogleは、最近スタートさせた2つのサービス――Google SitemapsGoogle Scholarによって、動的に生成されたWebページをもっとたくさんインデックスしようと考えているようだ。動的ページが数多くインデックスされれば、当然のようにインデックス全体のサイズもかなり大きくできる。

 Yahoo!は最近、有料会員制のWebサイトを検索できるサービスの実験を始めた。会員制サイトはこれまで、検索エンジンが検索できない対象の1つだった。検索エンジンのクローラーからは見えない存在だったから、「ディープWeb」なんて呼ばれていたんだ。会員制サイトのコンテンツはタイトルやサマリー程度は見ることはできるけれど、内容を全文読むためには、コンテンツプロバイダーに料金を支払ったり、入会登録をする必要がある。

 これは何年も前に、Northern Lightがやっていたビジネスモデルとよく似たサービスだ。Northern Lightは、Special Collectionという名称で、有料のコンテンツを検索できるサービスを提供していた。Special Collectionでは記事のタイトルやサマリーは無料で見ることができるが、全文を読むのには1〜4ドルの課金が行なわれるシステムだった。

 SearchEngineWatchBlogの記事によると、Yahoo!が今回のような有料コンテンツへの“ゲートウェイ”を提供しようと考えたのは、これが初めてではないという。2002年にもNorthern Lightと契約し、同様のサービスの提供を発表していたのだ。

 「Northern Lightは以前、今回Yahoo!が始めたような有料検索を自社でスタートさせたことがあった。しかし同社はこのビジネスを展開させるほどの収益を上げることができず、2002年にはWeb検索自体を終了させてしまっている。」

 今のところYahoo!の有料検索にコンテンツを提供しているのは、Wall Street Journal OnlineやConsumer Report、thestree.com、Forrester Research、The New England Journal of Medicine、Financial Timesといったところ。サービスはアメリカとイギリスの国内に限られているが、今後、例えばアメリカの法曹界で有名な情報サイトであるLexisNexsなど、コンテンツプロバイダーをさらに増やすことが検討されている。

URL
 Google Sitemaps
 https://www.google.com/webmasters/sitemaps/docs/en/about.html
 Google Scholar
 http://scholar.google.com/scholar/about.html
 SearchEngineWatchBlogの記事
 http://blog.searchenginewatch.com/blog/050616-000001


邪悪なバンドル?

 GoogleがGoogle Deskop SearchやGoogle Toolbarなどのプログラムに、アーカイバのWinzipをバンドルし始めた。もっともバンドルはオプトアウトではなく、オプトインで提供されている。こういうのをバンドルするのって、邪悪だろうか?

 まあ「邪悪」というのはちょっと言い過ぎで、主観的すぎる言い方かもしれない。もちろん世界は白と黒に決めつけられるほど単純なものじゃなく、あるいはブッシュ政権がさかんにアピールしているみたいに、「善と悪」などというものに二分できるものでもない。しかし少なくとも言えるのは、ソフトをこんなふうにバンドルするというのは、かなり馬鹿げたマーケティング戦術であるということだ。

 こういうバンドルのやり方は、スパイウェアやアドウェアの会社がもともとは好んで使っていた手法だ。あなたのパソコンのハードディスクに、普通なら絶対インストールしてもらえないようなアプリケーションを放り込むために行なっていた手法である。

 こういうことをGoogleがやっているというのはきっと、同社の企画部あたりにスタッフがあり余っているからに違いない。スタッフがたくさんいてすることがないから、何かすることはないかと暇な時間にあれこれ考えた挙げ句、こういうことを思いついたのだろう。

 彼らの目指しているのは、市場を100%制覇することなんだろうか? 今や彼らは「口コミによる普及こそがもっとも効果的だ」というあの素晴らしい戦略を忘れてしまっているのだろうか? それともこれもGoogleの新規株式公開「以前」「以後」の変化の1つなんだろうか?



テレビが凋落し、SEMが浮上する

 AOLがテレビやラジオの広告を減らして、再びSEM(検索エンジンマーケティング)に力を入れ始めている。キーワード広告のOvertureやGoogle AdWordsを使って、トラフィックをAOLのさまざまなコンテンツに誘導しようとしているんだ。おまけにAOLは自社の検索エンジンの改善にも取り組んでいて、これはかなりいい傾向だ。

 他の企業を見ても、例えば生活用品大手のP&Gが、テレビ広告に使うカネを減らし始めている。これは非常に重要な事態だ――なんといってもアメリカの広告業界では、P&Gはトレンドセッターとして知られているからだ。ロイターの記事によれば、「同社は2004年にはアメリカ国内で最大の広告主となっており、30億ドルの広告予算のうちテレビ広告に25億ドルも使っている」という。

 そのうち日本もこういう状況になってくるんじゃないかな。


(2005/07/01)

【著者プロフィール】
・文=ジェフ・ルート(Jeff Root)
ECジャパン株式会社のSEOチーフスペシャリスト。日本には出たり入ったりで早や10年。メールアドレスは「jeff@ecjapan.jp」。日本語もOKなので、気軽にメールをくれると嬉しい。
・翻訳=佐々木俊尚
元全国紙社会部記者。その後コンピュータ雑誌に移籍し、現在は独立してフリージャーナリスト。築42年の古い家で、犬と彼女と暮らす。ホームページはこちら

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
 Copyright ©2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.