"ここ"がイチ押し! 旬モノ実験室

実売3万円以下なのにWi-Fi 7! 10GbEにも対応のアイ・オー「WN-7T94XR」は、いろいろな点で“買いやすい”ルーター

手の届くWi-Fi 7ルーター、アイ・オー・データ機器「WN-7T94XR」

 アイ・オー・データ機器から、実売3万円以下の普及価格帯といえるWi-Fi 7ルーター「WN-7T94XR」が登場した。他社のフラッグシップモデルでは実売10万円オーバーも存在するド派手なWi-Fi 7ルーターの中では、価格も、そしてデザインも控えめなモデルだ。

 価格を抑えたとはいっても、無線は5765Mbps(6GHz)+2882Mbps(5GHz)+688Mbps(2.4GHz)のトライバンド対応な上、有線も10GbE×1に2.5GbE×3と、豪華な構成となっている。その実力を検証してみた。

◆「WN-7T94XR」のイチ押し!
価格的にも、デザイン的にも買いやすい新世代Wi-Fi ルーター

アンテナ内蔵のシンプルデザイン

 本製品のいいところは、見た目から「Wi-Fi 7だっ!」という強い主張が感じられないわりに、しっかりとパフォーマンスを意識した設計がなされていることだ。

 本製品のデザインは非常にあっさりとしていて、近年の同社製品がうたう「生活になじむ、暮らしによりそうルーター」を意識したものとなっている。前面に配置された最低限のLEDと、側面下部にうっすらと刻まれたメーカー名があるくらいで、ハイエンドモデルであることを主張するような加飾とは無縁だ。しかも、アンテナも内蔵でスッキリとしている。

正面
側面
背面

 もしかすると、店頭に実機が展示されていたとしても、Wi-Fi 7対応モデルだとは気づかないかもしれないほど控えめだといえる。

 しかしながら、家庭では、このデザインが実によく馴染む。

 余計な突起物がないから、多くの設置面積を占有することがない上、リビングなどに設置しても、白い壁紙に自然と溶け込み、無駄に目に留まることがない。高性能なWi-Fiルーターは欲しいが、「ド派手な製品はちょっと……」というユーザーには最適な選択肢だろう。

 注意点としては、サイズが意外と大きいことが挙げられる。本製品のサイズは約180×65×247mm(幅×奥行×高さ)で、身のまわりにあるものでいえば、幅×高さはノートなどで一般的なB5判(182×257mm)のサイズに近く、その厚みが65mmあるイメージとなる。よくあるWi-Fi 6までのルーターと比べて1、2まわり大きい印象で、重量も1.4kgある。

 しかしながら、縦置きタイプなので実質的な設置面積はそれほど要求されず、前述したようにアンテナ内蔵なので、設置場所の高さも必要ない。わざわざ置き場所を確保しなくても、空いている場所にポンと置いて、違和感がない。この手軽さが実に魅力的だ。

近距離の6GHz、長距離の5GHz、そのほかの2.4GHzを使い分け

 本製品は、どちらかというと性能を重視した製品となっており、機能面は比較的シンプルだ。

設定画面。必要な機能に絞ったシンプルな構成

 もちろん、スマホからも設定できたり、既存のWi-Fiルーターから情報を引き継ぐ引っ越し機能に対応していたり、QRコードの読み取りでスマホを接続できたり、簡易的ながらペアレンタルコントロール機能を搭載していたりと、家庭向けのルーターに求められる機能は一通り備えている。

 しかしながら、「全部入り」を目指した他社のWi-Fi 7ルーターと異なり、セキュリティベンダーと組んだ高度な保護機能やUSBファイル共有、VPNサーバーといった機能は搭載しない。

 その代わり、基本的な性能面は充実している。特に有線は10GbE×1(WAN)、2.5GbE×3を搭載し、10Gbps接続の回線の性能を生かせるようになっている。

WANポートが10GbE対応となっている

 無線に関しては、Wi-Fi 7ことIEEE802.11be対応で、各帯域の最大速度は5765Mbps(6GHz)+2882Mbps(5GHz)+688Mbps(2.4GHz)となっている。

 ハイエンドクラスのWi-Fi 7ルーターは、MIMOによる多重化が4ストリーム対応となっているため、6GHz帯の最大速度が11529Mbps、5GHz帯も5764Mbpsとなっている製品が主流となる。

 一方で、本製品は、6/5/2.4GHzの全ての帯域が2ストリーム対応までで、最大速度は半分ほどとなっている。

 ただし、接続するPCやスマートフォンなども基本的には2ストリーム対応までなので、実質的につながる最大速度は6GHzが5765Mbps、5GHz帯が2882Mbpsとなる。つまり、本製品の最大速度と同じだ。

 ハイエンド製品では、この帯域に余裕があるため、複数台を同時接続しても余裕があるが、本製品でも単体なら、PCやスマートフォンを接続した場合の最大速度は変わらないことになる。

10Gbps対応のauひかり回線に接続し、Wi-Fi 7(6GHz)で接続したPCで回線速度を計測した結果

 実際に、木造3階建ての筆者宅にて、iPerf3による速度を検証した結果は以下の通りだ。

iPerf3テスト結果
上り/下り1F2F3F3F端
Wi-Fi 7(5GHz) 上り1350442238149
Wi-Fi 7(5GHz) 下り1430785442335
WI-FI 7(6GHz) 上り206050515353
WI-FI 7(6GHz) 下り2120892536115

※単位:Mbps
※サーバー:Ryzen3900X/RAM32GB/1TB NVMeSSD/AQtion 10Gbps/Windows11 Pro
※クライアント:Core Ultra 7 155H/RAM 32GB/1TB NVMe SSD/Killer Wi-Fi 7 BE1750w (Intel BE200D2W)/Windows 11 Home

iPerf3テスト結果

 1階の近距離では6GHz帯で2Gbpsオーバーを達成しており(今回は2.5Gbpsの有線にサーバーを接続しているので上限が2Gbps前後となる)、4096QAMと320MHz幅対応で高速化されたWi-Fi 7の恩恵を実感できる。4096QAMのみで160MHz幅までの5GHz帯と比べると、2倍の速度となるので、かなりの高速化が実現できている。

 ただし、これは本製品に限らずWi-Fi 7/6E対応機器に共通する欠点となるが、6GHz帯は電波の特性上、長距離や遮蔽物のある環境が得意ではない。

 このため、3階端などの長距離になると、速度は逆転し、5GHz帯を使った方が快適になる。

 つまり、環境次第ではあるが、近距離では6GHz帯、長距離では5GHz帯と使い分けることが望ましい。本製品のようなトライバンド対応製品では、こうした環境による帯域の使い分けができることが魅力と言える。

 なお、本製品も、Wi-Fi 7の特徴のひとつとなるMLO(Multi-Link Operation:複数帯域を同時利用して速度を向上させる技術)に対応しているが、利用できる帯域は「2.4GHz+5GHz」か「5GHz+6GHz」のいずれかの組み合わせとなっている。

MLOは選択式

激戦区となる3万円クラスのWi-Fi 7ルーター

 以上、アイ・オー・データ機器のWi-Fi 7対応ルーター「WN-7TR94XR」を実際に検証してみたが、シンプルに「無線も有線も速いWi-Fiルーター」が欲しいというのであれば、いい選択肢と言えそうだ。前述したように、デザインもシンプルで、日本の家庭事情に合った製品と言える。

 価格的にも魅力的で、5月13日時点でのAmazon.co.jpの実売価格(予約価格)は税込2万7800円となっている。これくらいの価格なら、無理なく購入できるだろう。

 とはいえ、Wi-Fi 7対応のスマートフォンやPCがほとんどない現状を考えると、安いWi-Fi 6を選ぶメリットもある。

 Wi-Fiルーターの買い替えサイクルは5年程度と言われているので、仮にこれから5年使うことを考えると、予算を追加してでもWi-Fi 7対応の本製品を買うことを推奨する。おそらく今年の後半から来年にかけて、PCやスマートフォンでもWi-Fi 7が一般的になっていくので、そのときに今の投資が生きてくるはずだ。

 なお、本製品とほぼ同時期に、エレコムから「WRC-BE94XS-B」という製品が発表された。スペックも一緒で、採用されているチップも同じ(Qualcomm Immersive Home 326)。デザインは若干違うがポートやスイッチの位置なども同じ、実売価格もほぼ同じとなる。

 また、同価格帯には、TP-Linkの「Archer BE550」(実売価格2万9800円)という製品も存在する。2ストリームの同等クラスの製品だが、Archer BE550はEasyMesh対応や高度なセキュリティ対策機能を搭載するのが特徴で、本製品は無線が全てWi-Fi 7対応で有線に10GbE×1を備える(Archer BE550は2.4GHz帯がWi-Fi 6対応となっており、有線はWAN、LANとも2.5GbE)のが特徴となる。

 このように、3万円前後のWi-Fi 7ルーターは激戦区となりつつある。今後、おそらく他社も続々と、この価格帯の製品を投入してくることだろう。その動向も気になるところだ。

「"ここ"がイチ押し! 旬モノ実験室」は、今気になるハードウェアやソフトウェアをピックアップして、その製品の「イチ押しのポイント」に注目し、魅力をレポートします。バックナンバーはこちら

清水 理史

製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できるWindows 11」ほか多数の著書がある。