記事検索
特別企画

2010年にいちばん読まれた記事は「ダウンロード違法化」をめぐる話題


ネットエージェント調査による年末年始のファイル交換ソフトノード数

 INTERNET Watchで今年1年間(2010年1月5日〜12月24日)に掲載したニュース記事について、アクセス数をもとに上位20本をランキング化した。

 トップになったのは、著作権法の改正による1月1日からの「ダウンロード違法化」を受けて、ファイル交換ソフトのユーザー数の変化に関する記事。関連して、4位には警察庁による「P2P観測システム」運用、7位にアダルト業界における対策の記事もランクイン。5位の個人情報流出もファイル交換ソフトを通じて起きており、2010年も引き続きこの問題への関心は高かった。

 2位は6月に発表された「iPhone 4」に関する記事。アンテナの感度問題(12位)などもあったが、iPadなどの製品やアプリ、関連サービスなど、2010年もアップル製品が注目を集めた。

 3位はJavaのアップデートに関する記事。JavaやFlash Playerといった多くのユーザーがインストールしているソフトは、攻撃者にとっても格好の標的となっており、2010年も未知の脆弱性を突いた攻撃の発生と、その脆弱性への対処が繰り返された。

順位 記事名 掲載日
1 1月1日からダウンロード違法化、Winny/Shareノード数に変化は? 1/5
2 Appleが「iPhone 4」発表、厚さ9.3mmで「網膜の限界を超える高密度液晶」 6/8
3 「Java 6 Update 20」公開、ユーザーは早急にアップデートを 4/16
4 警察庁が「P2P観測システム」を正式運用 2/4
5 日大が職員情報流出で緊急会見「業務情報は無断持ち出しだった」 4/27
6 NEC、11n/a/b/g同時利用可能でNAS機能も用意の無線LANルーター 2/8

著作権侵害にあえぐアダルト業界、ファイル共有ソフト対策に着手 4/1
8 「Internet Explorer 9」プラットフォームプレビュー版公開 3/17
9 光の道“ソフトバンクただ乗り論”に孫社長が奮起、「やりましょう」呼び掛け 10/26
10 ソフトバンク、iPad向けに定額制コンテンツ配信〜月額450円で31誌が見放題 5/31
11 「Flash Player 10.1」正式版が公開、ゼロデイ脆弱性にも対応 6/11
12 iPhone4、Appleはアンテナ表示ソフト修正を発表し謝罪 7/5
13 オリオン座流星群がピーク、ウェザーニューズが全国7カ所からネット中継 10/21
14 孫正義社長の「光の道」論、5時間にわたり炸裂、Ustreamなどで生中継 5/14
15 Google、遊べる「パックマン」ロゴを今後も公開、ユーザーの反響受け 5/24
16 AVGの最新アップデート適用後、再起動ループに陥る問題が発生 12/2
17 メッセサンオー、PCゲーム通販の顧客情報がネットで流出 4/2
18 YouTube、NHK番組の配信スタート 12/6
19 人間をコンピューターウイルスに感染させる初の実験、英研究者が自身の体で 5/27
20 ニコニコ動画の新バージョンは(原宿)、リアル店舗「ニコニコ本社」をオープン 10/28

関連情報

(編集部)

2010/12/27 17:59