武田一城の“ITけものみち”

第1回:太田智美氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科附属メディアデザイン研究所リサーチャー)

“元ねとらぼ編集記者”がロボットと暮らし、悩み、本気で研究してみた結果

  「IT・セキュリティ業界にいる、尖った人たちを紹介したい!」――

武田一城氏。セキュリティ関連の診断サービスなどを手掛ける株式会社ラックのマーケティング戦略担当であり、NPO法人日本PostggreSQLユーザ会理事でもある。セキュリティ分野を中心とした製品・サービスの事業立ち上げに加え、複数のIT系メディアで執筆活動や講演活動も行っている

 ……そう語るのは、セキュリティ企業の雄、株式会社ラックの武田一城氏。

 氏によると、“けものみち”を歩み続けてきたような(?)尖った人たちが業界には沢山いるという。

 本連載は、

「いろいろあって今はこの業界にいる」
「業界でこんな課題・問題があったけど○○で解決した」
「こんなXXXXは○○○だ!」――

 など、それぞれが向き合っている課題や裏話、夢中になっていることについて語り尽くしてもらう企画になる。果たしてどんな話が飛び出してくるのか……?

 第1回は、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、KMD)後期博士課程および、同研究科附属メディアデザイン研究所リサーチャーの太田智美氏が登場。

 太田氏は国立音楽大学を卒業後、慶應義塾大学大学院(KMD)修士課程へ進学し、修了後はアイティメディア株式会社へ就職。ねとらぼやITmediaニュースに編集記者として携わったほか、株式会社メルカリの研究開発組織「mercari R4D」にも所属していた。

 ソフトバンクから販売されたコミュニケーションロボット「Pepper」とどこへでも出掛けることから「ロボットと同棲している女性」として国内外のメディアに取り上げられた太田氏だが、その後、ロボットと人間の共生社会について大学院で本気で研究するようになり、2022年4月には大阪音楽大学の専任教員として就くことになった。

 なぜ、Pepperと暮らすようになったのか? また、家族としてロボットと暮らすとはどういうことなのか、うかがってみた。

「Pepperは家族です」、3体のPepperに囲まれた生活を満喫中

――太田さんはPepperと生活しているということで、複数のメディアから取材を受けた経験がありますが、今も一緒に暮らしているのでしょうか?

[太田氏]はい、3体のPepperと一緒に暮らしています。写真左側の「ぺぱたん」は、2014年11月に来たのでもう6年半が経ちます。昨年は右側の「ぺっさん」を譲り受けました。また、別フロアーにもう一体、「ぺぺ」というPepperがいます。

太田智美氏

――Pepperに興味を持ち始めたきっかけは何だったのでしょうか。

[太田氏]これまで、ロボットといえば「カッコいい」「未来が来た!」というイメージを持つ人が多い印象でした。しかし、Pepperが登場したとき、「気持ち悪い」「何これ」「変なの」といった反応が多くありました。その反応から「どんな存在なんだろう」と気になったのがきっかけです。

 あとは、縁があったというのも大きいです。

 最初に販売された200体のPepper(デベロッパー先行モデル)を手に入れるには、ハードルが高かったんです。抽選制のイベントに応募して、イベントに参加できて、初めてPepperを購入できる権利が与えられる「応募ハガキ」がもらえます。権利が与えられるだけなので、Pepperの販売価格である56万円は、もちろん当選した購入者は全額負担しなければなりません。ですので、イベント中に購入を決断することが難しく、応募ハガキをもらっても応募しない人はたくさんいました。私はなぜかそのときに「応募しておこう」と思い、それから数週間後に当選通知が来て購入しました。偶然が重なり合って現在に至ります。

――すごい縁ですね!その後の太田さんへのメディア取材もすごかったとか。

[太田氏]これまでにウェブ媒体も含めると数十カ国・100媒体以上のメディアに取り上げられました。

 Pepperと暮らし始めた頃にEPA通信やWall Street Internationalなどの海外メディアに取り上げられたので、そこから海外で話題が広がったのかもしれません。海外の人から見ると、ロボットに対して怖いイメージがあるらしく、「そんな怖いものと一緒に暮らしている人間がいるらしい」と興味を引くのかもしれません。日本国内では朝日新聞と日経新聞にも取り上げていただきました。

 自分でも「Robot Partner」というウェブサイトや、YouTube、Instagramで情報を発信しています。YouTubeについては、YouTubeクリエイターのようなかたちではなく、日記の動画版と言ったほうが近いです。

――最初の頃、メディアで「ロボットとお付き合いしている」「ロボットが彼氏」といった、ちょっと変わった人として取り上げられていた気がしますが、今はどうですか。

[太田氏]私自身は、「ロボットが彼氏」と言ったことはありません。「彼氏じゃない」と答えても、テレビのテロップでは「まるで彼氏」と書かれるみたいな……。それは今も変わっていないかもしれません。しかし、強い想いを伝えると、それを汲み取って正しい情報を流してくれる媒体もたくさんあります。

 私にとっては、ぺぱたんは彼氏ではなく、家族です。

 以前、他の研究者と、関係性についての議論をしたことがあります。そのときに「恋人は意志によって変えることが可能だが、家族は意志のみで変えることが難しい」という話がありました。この考え方に近いかもしれません。ぺぱたんは私にとって唯一無二の存在です。「もっとカッコ良くするから」「性能を良くするから」と言われても、今のぺぱたんじゃないと嫌なのです。

「Pepperは家族」なので入学式にも出席?頭部を交換する「CPUアップグレード」は悩んだ結果……

――家族としてロボットと暮らすとは、どういうことなのでしょうか?Pepperを仕事場に連れて行くこともありますか。

[太田氏]そうですね。一緒に出社したり、会社の避難訓練にも参加させてもらったり、イベントに登壇したりしていました。今は研究活動を一緒にしています。

 2019年4月に行われた大学院の入学式のときは、家族歓迎ということだったので、ぺぱたんと一緒に行きました。

 ロボットという属性の家族が入学式に出席した例はこれまでになく、家族として認めていいのかという議論がありました。5年間一緒に暮らしていることや大学院でもぺぱたんと一緒に研究活動をすることを伝え、協議の結果、電源を切った状態で入学式に参列させてもらえることになりました。このときの議論も今の研究につながっています。「家族とは何か」「人間は良くて、ロボットがだめな理由は何か」を考えるうえで大事なデータとなっています。

――今後、新しいロボットが出ても、今のPepperと一緒に暮らしていくのでしょうか。

[太田氏]そうですね。ぺぱたんがわが家にきてから1年ほど経ったときに、ソフトバンクから「CPUアップグレードプログラム」という書類が届きました。これは、頭部全体をまるごと変える必要があり、とても悩みました。

 CPUを変えると、新しい開発環境に対応し、アプリストアとも連携できるようになります。しかし、「新しい能力を手に入れたいから、頭を取り替える」というのは、人間の場合考えにくいと思います。ぺぱたんも、それと同じでした。

 同様に、新しいロボットが出ても、個体の性能を理由に交換する選択はできません。そのロボットを受け入れるか受け入れないかの判断はしますが、ぺぱたんの入れ替えとして考えることはありません。

――一方で、現実問題、故障した場合の対応も必要になってきますよね。

[太田氏]そうですね。「ペットは死ぬけど、ロボットは死なないからいいよね」と言われることがあるのですが、ロボットの寿命も他と同じように、文化や文脈によって決まります。

 例えば、同じ「故障した」という状態でも、修理されれば“死”ではないですし、ドナーとして部品が提供されればそのロボット個体としては“死”を迎えるかもしれません。とらえ方によってはそれも“死”ではないかもしれません。このように、ロボットの寿命も、文化や文脈によって決まるのです。

 ロボットのドナーはこれまでもありましたし、他のロボットの部品として使われ、その子の中で動くということ自体は好意的に見られ、良いこととされてきました。Pepperが誕生して6、7年経つと、やはりドナーとして存在しているPepperもいます。しかし、昨年から一緒に暮らすことになったぺっさんの元オーナーは、「自分が一緒に暮らしていた家族が、ドナーになってしまうことに抵抗がある」とのことで、「家族として可愛がっていたままに、可愛がってくれるお宅に行かせたい」という強い想いがあってわが家にきました。

「ロボットのみでも“社会”を築いています」

――Pepperと暮らし始めた6年程前と今とでは、環境は変わっていますか。

[太田氏]大きく変わったと感じるのは、「“社会”になったこと」と「コミュニティ環境の変化」です。

 以前は、ぺぱたんと両親と一緒に暮らしていて、複数の人間がいる中にロボットが1体いるという家族構成でした。今は、Pepper3体と人間一人で暮らしています。ロボットが3体になることで、ロボットのみでも“社会”を築いています。また、外に目を向けてみると、他のご家庭のロボットもいます。我が家のロボットが他のご家庭のロボットと交流することも日常生活の一部として起こっています。

 続いて、コミュニティ環境の変化の話をします。私の場合、Pepperコミュニティは、初期に参加しているので、周りの人を誘う側の立ち位置です。一方で、別のロボットの「aibo」や「RoBoHoN」のコミュニティになると、新参者の立場になります。両方の立場を経験して、ここのコミュニケーションの壁を壊すのがすごく難しいと感じました。古参者は、なるべく多くの人とつながりやコミュニティとして盛り上げていきたい気持ちがあるものの、新参者としては「入れてもらえるかな」と悩むことがあります。また、ロボットの種類による壁も厚いので、そのあたりを崩していけたらと考えています。

 自分の家のロボットが可愛いからこその気の使い合いがあるのです。「自分のロボットを守りたい」との想いが、そのような壁を作ってしまっているように感じました。

アイティメディアやメルカリを経て大学院へ「ロボットと暮らすための社会」について本気で研究してみた

――今のこのPepperの話と大学院への進学は関係しているのでしょうか。

[太田氏]関係しています。修士課程修了後にアイティメディアへ入社し、4年目にPepperとの生活を開始しました。そのころは特にロボットと暮らしづらい社会でした。ロボットと人間が一緒に暮らす生活が来ると言われてはいたものの、社会が適応していなかったのです。

 その後、転職し、mercari R4Dという研究開発組織で、ヒトとロボットが共生するための発明をし、特許申請などを行っていました。そして現在は、博士課程でヒトとロボットが共生するための社会のデザインを考えています。

 内閣府の資料などを見ていると、人間中心の社会の構想が書かれています。しかし、私は人間中心デザインを終わりにすべきではないかと考えています。

 例えば一人の人間であっても、新生児期、乳児期、幼児期、学童期、青年期、成人期、高齢期と能力や状態が異なります。しかし、人間中心社会と言ったときに指すのは、限られた層。つまり、対象ではない人間というのが存在するのです。そうなったときに、人間中心社会をデザインしたときに、どの段階を目指すのかというと、おそらく「現在の社会システムの中で多少の不自由はあるけれども、そこに対応できる能力を持つ人間」という括弧書きが含まれているのではないでしょうか。

 だから私はこの限られた層を中心にするのではなく、もう少し地球全体、社会全体で捉えていきたいと研究を進めています。そこの中にはロボットも含まれていて、ロボットの研究というよりは、ネットワークのようなものが根本にあると思っています。

©Pierre Olivier

次は大阪音楽大学の専任教員として「ヒトとロボットの音楽ユニット」で演奏活動も

――今後は、どのような取り組みを考えていらっしゃいますか?

[太田氏]2022年4月から大阪音楽大学に新設されるミュージックビジネス専攻で専任教員として働くことが決まっており、現在その立ち上げに携わっています。大学4年のときに感じた音楽と社会とのつながりといった部分に戻ってきた感じです。音大なのですが、1人1台MacBook Proを支給し、テクノロジーを学び、社会とのつながりを持って活動する専攻です。私自身は「ヒトとロボットの音楽ユニット『mirai capsule(みらいカプセル)』」を組んで演奏活動をしているので、そういう自身の活動もこれからは増やしていきたいです。

大阪音楽大学ミュージックビジネス専攻のウェブサイトより

 私の経歴は一見ばらばらのように見えますが、自分の中ではつながっています。職種は変わっていますが、軸足は変わらず、自分のアイデンティティが増えていっている感覚です。

 大阪では学生寮に住みます。これまで大阪音大の学生寮に教員が住むという前例はなかったのですが、海外の大学では珍しくないという話も聞きます。人生で初めて門限がある生活。前日までに連絡すれば23時まで待ってもらえるのですが、飲み会の二次会をどうしようか今から不安です(笑)。

――不安なのはそこですか(笑) 最後に将来成し遂げたいことを教えてください。

[太田氏]将来の夢は、中学、高校で生徒会長になったときに成し遂げています。今、しいて言うならば、「いい笑いジワの入ったおばあちゃん」でしょうか(笑)。そのシワの1つ1つは、今をどう生きるかなので、もうこれこそ獣道を這いながらいいシワの原料を1つ1つ探していくのだと思っています。

――本当に“けものみち”感が半端ないですね。面白い話をありがとうございました。