“Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ

構築編 第1回

【Q】Wi-Fi(無線LAN)を使い始めるには何が必要?

【A】Wi-Fiでインターネットを使うには、ルーターインターネット接続用の回線とWi-Fiルーターがあれば、無線で利用可能

 スマートフォンやPC、タブレットをWi-Fiでインターネットに接続するには、「OCN光」「ドコモ光」「auひかり」といったインターネット接続用のブロードバンド回線契約と、「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」「アクセスポイント」などと呼ばれる機器が必要です。

 通常、プロバイダーと契約してブロードバンド回線を自宅に敷設すると、「ブロードバンドルーター」(「ブロードバンドモデム」「ONU」「ひかり電話対応ルーター」などと呼ばれることもあります)が設置されます。このブロードバンドルーターには、「LAN」と書かれたネットワークケーブルを接続するためのポートが複数あることが一般的です。ここにWi-Fiルーターをネットワークケーブルで接続し、必要な設定を行うことで、PCやスマートフォン、タブレット端末でWi-Fiを利用することが可能になります。

ネットギアのハイエンドWi-Fiルーター「Nighthawk AX12(RAX120)」。Wi-Fiの最新規格「IEEE 802.11ax」に対応し、最大通信速度は4.8Gbps

 Wi-Fiルーターは各社から数多くの製品がリリースされています。価格も製品によって大きく異なり、5000円以下で買える安価な製品から、3万円以上するものまでさまざまです。

 価格による違いとして大きいのは通信速度です。高価な製品ではWi-Fiの最新規格である「IEEE 802.11ax」(「Wi-Fi 6」とも呼ばれます)に対応し、約4.8Gbpsと極めて高速に通信することが可能です。また、高価な製品では、複数のデバイス(PCやスマートフォン、タブレット端末)をWi-Fiに接続し、同時に通信を行っても速度が低下しづらいといった特長を持つものもあります。

 なお、昨今のブロードバンドルーターには、Wi-Fiに対応しているものもあります。Wi-Fiルーターを買う前に、自宅で使っているブロードバンドルーターが対応していないか、一度確認してみましょう。

連載『“Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ』について

スマホをWi-Fiに接続する方法は? Wi-Fiがつながらない原因と解消法は? Wi-Fiルーターの選び方は? この連載では、これからWi-Fiを導入する人や、Wi-Fiを導入しているがトラブルを抱えている人に向けて「Wi-Fiの基本」や「トラブル解消のテクニック」をQ&A形式で解説していきます。

“Wi-Fiの困った”を解決できる便利ワザ「構築編」記事一覧