地図と位置情報

“働き方改革”に効く位置情報ソリューションとは? 「総務・人事・経理ワールド2019」で見てきた

SaaS型の地図ソリューションで営業支援や勤務管理を実現~株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー

 人事・会計の業務システムのソリューションを提供する株式会社ソリューション・アンド・テクノロジーは、SaaS型の地図ソリューションサービス「MAPSAS」を紹介していた。同サービスは、ウェブサイト上での店舗案内や不動産の物件検索、ルート検索、営業支援、災害時の安否確認・帰宅計画マップ作成など、位置情報を生かし、さまざまな機能をユーザーニーズに合う最適なかたちに具現化して提供するソリューション。運行管理ソリューションも提供しており、配送車両の位置情報をリアルタイムに確認できる。指定した時間ごとにドライバーのスマートフォンアプリから自動的に位置情報が届くため、管理サイドの業務負担が軽減されるだけでなく、ドライバーは手動による状況確認の定期連絡が不要となり、運転に集中できる。

SaaS型地図ソリューションサービス「MAPSAS」

 同社は人事・会計業務のイノベーションを支援するプラットフォーム「WiMS/SaaS」も提供しており、今回のイベントでは勤務管理システムのオプション機能として、出退勤の打刻位置を地図上で確認できる「地図ソリューション」も紹介していた。同機能では、直行/直帰や、テレワーク/在宅勤務、派遣/常駐などさまざまな勤務形態に合わせて、スマートフォンのGPSから位置情報を取得し、地図上で視覚的に打刻位置を確認できる。位置を記録することにより、不正打刻を防止できるだけでなく、MAPSASと連携することで顧客や物件を歩き回る営業担当が確認・報告をリアルタイムに行うための営業支援ツールとしても利用可能。生産効率の高い社員の行動特性の分析や、緊急時の社員の居場所の把握など、幅広い用途に利用できる。

 同社が提供する勤務管理システムは、勤怠管理だけでなく休暇や残業の申請、承認ワークフロー、シフト管理やプロジェクト工数管理などの豊富な機能を搭載している。労働時間の推移や年休取得状況をグラフ表示することも可能で、長時間労働の抑制やテレワーク支援に活用できる。

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジーのブース

INTERNET Watchでは、2006年10月スタートの長寿連載「趣味のインターネット地図ウォッチ」に加え、その派生シリーズとなる「地図と位置情報」および「地図とデザイン」という3つの地図専門連載を掲載中。ジオライターの片岡義明氏が、デジタル地図・位置情報関連の最新サービスや製品、測位技術の最新動向や位置情報技術の利活用事例、デジタル地図の図式や表現、グラフィックデザイン/UIデザインなどに関するトピックを逐次お届けしています。

片岡 義明

フリーランスライター。ITの中でも特に地図や位置情報に関することを中心テーマとして取り組んでおり、インターネットの地図サイトから測位システム、ナビゲーションデバイス、法人向け地図ソリューション、紙地図、オープンデータなど幅広い地図・位置情報関連トピックを追っている。測量士。インプレスR&Dから書籍「位置情報トラッキングでつくるIoTビジネス」「こんなにスゴイ!地図作りの現場」、共著書「位置情報ビッグデータ」「アイデアソンとハッカソンで未来をつくろう」が発売。