Windows 7サポート終了! 「どうしたらいい?」を解決します

第2回

そうは言っても、Windows 7のままでも大丈夫でしょ?

 Windows 7のサポートが2020年1月に終了します。Windows 10への移行で困った方や不安な方の助けとして、乗り換えの疑問を解消できる本連載を掲載します。(編集部)

A.サポートが終了すると、Windows 7にハードやソフトのサポートが提供されません

 サポートが終了すると、Windows 7にハードやソフトのサポートが提供されません。ただし、サポートが終了したOSに対しては、Microsoftだけでなく、ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカーも、各種サービスを提供しなくなる可能性が高くなります。

 仕事に欠かせないソフトウェアの最新版が出ても、Windows 7は対象外となる可能性が高い上、プリンターなどの周辺機器のドライバーも提供されなくなるかもしれません。ソフトウェアなどで何かトラブルがあっても、Windows 7での動作は対象外とされ、サポートを受け付けてもらえなくなることも考えられます。

 実際、すでにサポートが終了したWindows Vistaは、いろいろな分野で動作環境外のOSと扱われ始めています。

 サポート終了後もWindows 7を使い続けることは可能ですが、そのメリットは少なく、むしろデメリットの方が多いと考えるべきでしょう。

三菱UFJの法人向け口座の注意書き。Vistaは動作環境外とされている。同様にWindows 7のサポートが終了すれば、さまざまな分野で動作対象外として扱われるようになる可能性が高い

清水 理史

製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できる Windows 10 活用編」ほか多数の著書がある。