Windows 7サポート終了! 「どうしたらいい?」を解決します

第5回

Windows 10にしても同じようにそのうちサポートが切れるんでしょ?

 Windows 7のサポートが2020年1月に終了します。Windows 10への移行で困った方や不安な方の助けとして、乗り換えの疑問を解消できる本連載を掲載します。(編集部)

A.サポートを受け続けるには機能更新が必要です

 Windows 10は、WaaS(Windows as a Service)という新しい考え方が採用されているOSです。OSのプログラムとアップデートが一体になった“サービス”として提供されるようになっており、新機能の追加などの進化を常に続けながら、永久にサポートされるという考え方で提供されています。

 しかし、逆に言うと、サポートを受け続けるには、一体となる「アップデート」が必須ということになります。

 Windows 10のサポート期限は非常に複雑で、エディションやバージョンによって期間に違いがあったり、途中の仕様変更によって期間に違いもあるのですが、現在(2019年4月時点)の基本ルールは、機能更新プログラムの適用から18カ月サポートされる(セキュリティ更新プログラムが提供される)ということになっています(EnterpriseやEducationは9月の更新プログラム適用後は30カ月)。

 Windowsライフサイクルのファクトシートのウェブページに最新情報が掲載されているので、確認してください。

 これによると、実は、Windows 10と言えども、一部のエディションの古いバージョンはすでにサポートが終了しています(バージョン1507、1511、1607、1703、1709)。

 とは言え、Windows 10はWindows Updateによって自動的に機能更新プログラムが適用されるので、普通に使っている限り、こうした期限を意識することなく、サポートを受け続けられることになります。なお、企業向けの環境では、機能更新プログラムの適用時期をある程度の範囲でコントロールすることもできます。

 仮に、インターネットに全く接続されていない環境のパソコンがあるとすれば、Windows 10と言えども、サポート切れになっている可能性はあります。しかし、機能更新プログラムを受け付けている限りはサポートが切れることはありません。

こちらののウェブページには、Windows 10のサポートライフサイクルが掲載されている

清水 理史

製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できる Windows 10 活用編」ほか多数の著書がある。