自宅Wi-Fiの“わからない”をスッキリ!

第27回

Wi-Fiルーター迷ったらコレを選べ! 実売価格1万円前後、2018年夏の“良コスパ”お勧め製品

 この夏、夏ボ~夏期休暇あたりでWi-Fiルーターの新調を考えている人に向けて、どんなルーターがお勧めかを解説していく。今回は、迷ったらコレを買っておけば問題ナシの1万円前後の製品を、次回は続けて、よりコスパ重視で選んだ製品を紹介していこう。

今回は2018年夏のオススメWi-Fiルーターから、迷ったらコレを選べば問題ナシという製品をピックアップする。デザインや価格から好みでチョイスして欲しい

 が、11ac(IEEE 802.11ac)対応は当然として、3×3のMU-MIMO 11acの速度は1300Mbpsというこの夏お勧めのスペックを押さえておきたい。また、現時点ですぐ利用するかどうかはさておき、今後のインターネット接続で必須になっていくIPv6への対応をうたった製品を選んでおきたいところ。

 前回に詳しく書いたに詳しく書いたが、11ac(IEEE 802.11ac)対応は当然として、11acの速度は、3×3 MIMOの1300Mbpsという、この夏お勧めのスペックを押さえておきたい。できたらMU-MIMOまで対応していれば、さらに良し。また、現時点ですぐ利用するかどうかはさておき、今後のインターネット接続で必須になっていくIPv6への対応をうたった製品を選んでおきたいところ。これらのスペックを満たしていれば、長く使えるだろう。

※今回ピックアップした全製品が、これらの条件を全て満たしているわけではありません。

 それでは、まず国内メーカー製品から紹介しよう。

バッファロー「WXR-1751DHP2」

実売価格:1万1172円(Amazon.co.jpでの販売価格、2018年7月2日現在)

 1300(11ac)+450(11n)Mbps、3本の可動アンテナを使ってMIMOに対応、利用中の端末へ電波を向けるビームフォーミング機能を持つ。IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6での接続にも対応している。本連載での使用例で利用中なので、設定例などでも参考にしやすいと思う。

【お詫びと訂正 2018年7月6日 13:50】
 記事初出時、MU-MIMO対応としておりましたが、WXR-1751DHP2では非対応です。お詫びして訂正いたします。

NECプラットフォームズ「Aterm WG1900HP2」

実売想定価格:1万1000円前後(7月5日発売予定)

 1300+600Mbps。360度全方位に効率よく飛ばすアンテナを本体内に内蔵している。MU-MIMOではないが、デュアルコアCPUを搭載し、追加で無線用CPUを2つ搭載している。2018年10月のバージョンアップにて対応する独自のIPv6通信ブースト機能「IPv6 High Speed」という機能も興味深い。7月5日発売。

【お詫びと訂正 2018年7月6日 12:20】
 記事初出時、MU-MIMO対応としておりましたが、Aterm WG1900HP2では非対応です。お詫びして訂正いたします。

エレコム「WRC-1750GSV」

実売価格:8805円(Amazon.co.jpでの販売価格、2018年7月2日現在)

 エレコムで同社初のIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6の接続にも対応した新製品。1300+450Mbps、MU-MIMO対応。アンテナは内蔵で、老舗アンテナメーカーのDXアンテナの技術が使われ、ビームフォーミングにも対応する。前機種から52%もスループットが向上しているという大進化した機種。価格がお手頃なのもうれしい。

 続いて海外メーカー製品だ。海外メーカーのものは、ワールドワイドで大量に販売するため価格がこなれていてお買い得感がある。主にAmazon.co.jpで扱っていて、クーポンなどの割引もセール時期に合わせ頻繁に行われている。この夏のボーナス商戦でも期待して、チェックしておこう。

TP-Link(ティーピーリンクジャパン)「Archer A9」

実売価格:1万1800円(Amazon.co.jpでの販売価格、2018年7月2日現在)

 TP-Linkは、中国・深センを拠点にグローバル展開するネット機器メーカー。スタンド付きのスタイリッシュな白い筐体デザインが特徴的だ。1300+600Mbps、3本の外部アンテナでビームフォーミングに対応。残念ながらMU-MIMOには対応していないが、デュアルコアCPUなので、複数接続時も安定している。Amazon.co.jp限定販売機種。本連載で同社の上位機種を使っているが、スマホアプリ「TP-LINK Tether」は同様に使えるので参考になるはずだ。

【お詫びと訂正 21:20】
 記事初出時、MU-MIMO対応としておりましたが、Archer A9では非対応です。お詫びして訂正いたします。

NETGEAR(ネットギアジャパン)「R6350-100JPS」

実売価格:8300円(Amazon.co.jpでの販売価格、2018年7月2日現在)

 NETGEARは、米国カリフォルニアを拠点にグローバル展開するネット機器メーカー。1450+300Mbps、外付け3本のアンテナでMU-MIMO対応。ビームフォーミング非対応のスマホに強い電波を送信する「インプリシット・ビームフォーミング」機能を持っている。デザインは最近世界的に流行のゲーミング系ルーターを踏襲したモノ。Amazon.co.jp限定販売機種で、価格がリーズナブルなのもうれしい。

 次回は、1万円を切る“高コスパ”製品を紹介していこう。

今回の教訓(ポイント)

11acが1300Mbpsの1万円前後の製品を買っておけば問題ナシ
海外メーカーの製品が、Amazon.co.jpでリーズナブル価格で販売されている。

「自宅Wi-Fiの“わからない”をスッキリ!」連載記事一覧

村上 俊一

1965年生まれ。明治大学文学部卒。カメラマン、アメリカ放浪生活、コンピューター雑誌編集者を経て、1995年からIT系フリーライターとして活動。写真編集、音楽制作、DTP、インターネット&ネットワーク活用、無線LAN、スマホ、デジタルガジェット系など、デジタル関連の書籍や雑誌、ウェブ媒体などに多数執筆。楽曲制作、旅行、建築鑑賞、無線、バイク、オープンカー好き。