アラフィフすずまりの「今日も元気に仕事しよう!」

朝の快適な目覚め方を追求中! まずはカーテンを自動で開閉する「mornin' plus」を使ってみよう

カーテンをスマートフォンで自動的に開閉できる「めざましカーテン mornin' plus(モーニンプラス)」)

 朝、目が覚めてもすっきりしないという方、目覚ましのアラームが鳴っても目が開かなくてぐずぐずしがちという方はいませんか~。はい、私です!

 私は睡眠改善インストラクターですが、だからといって24時間のライフデザインが完璧に運んでいるわけではありません。夜更かし睡眠不足は当たり前! 救いがあるとしたら、不調の原因が分かるだけに、眠れないときも悩まなくていい点でしょうか(苦笑)

 朝のぐずぐずにはまず朝日です。さっさと太陽の光を浴びたほうが、体も起きやすくなります。なぜなら、睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の分泌を止められるからです。

 夜、メラトニンの分泌が増えると人は眠くなってきます。自然な眠気には大切なホルモンなのですが、光を浴びると分泌が止まってしまうという特徴があります。寝る前に光を浴びて分泌を止めてしまうのは、スムーズな入眠の妨げになりますが、逆に朝は思い切り朝日を浴びることで分泌が止まれば、眠気も止められるということです。

 メラトニンは分泌が停止してから15時間前後でふたたび分泌する、つまり眠くなってくるので、光を浴びることで自分で1日のリズムをコントロールできるというわけです。いわゆる「体内時計をリセット」しましょうといわれるのはこれ。まずはやはり光を浴びることが第一なんですね。

 特に遮光カーテンでガッツリ光を遮っているという方(我が家だ!)は、意識的に開けたいもの。でも「さあ起きて!」とカーテンを開けてくれる人がいないと、暗さに負けてまた寝てしまいます……。

 だったら自動的に開けちゃえばいいじゃない! というのがガジェット好きの考えること。カーテンを自動的に開けるといえば「めざましカーテン mornin' plus(モーニンプラス)」があります。

mornin' plusはカーテンレールに取り付けて使います

 この製品の特徴は、工具いらずでカーテンレールに取り付けられて、スマートフォンでカーテンの開閉操作ができるようになること。対応するカーテンレールについては公式サイトのサポートページで確認できます。スマートフォンはAndroidとiOSをサポート。タイマーを使えば、指定した時刻に動き出して勝手にカーテンを開けてくれますし、スマートフォンをリモコン代わりにすることもできます。mornin' plusを取り付けた状態でもカーテンは手動で開閉できます。

 単3アルカリ乾電池3本で約6カ月使えて、スマートフォンアプリでは最大4台のmornin’ plusを操作できます。両開きのカーテンなら本体は2台あったほうが便利ですが、とりあえずカーテンを自動で開けてみたいというなら1つでもOKです。

中央のグレーのローラーがせり上がって回転することで左右に動きます
タイマーを設定してカーテンを自動的に開閉できます

 あくまでもスマートフォンから操作するだけで、他の家電製品やコントロール機器と連携はしませんが、指定時間になると勝手にカーテンが開くので、スマートホーム感を味わうことができます。

 このデバイスはいきなり“シャーッ”とカーテンを開けてくれるわけではありません。アプリ上でスピードの調整はできますが、カーテンはゆっくり動きます。

今回は本体が見えるように手前に設置していますが、カーテンの裏側に設置すれば見た目もすっきりします

 とても便利なんですが、気になる点もあります。カーテンレール移動時の音は、前のモデル「めざましカーテン mornin'」よりも多少静かになってはいるようですが、移動する前に、本体を移動させるためのローラーが上下する動作音がするのです。窓がすぐそばにあったり、物音に敏感な方は、カーテンが開く前に目が覚めてしまうかもしれません。

左に向けて動いているところ。たまにレースのカーテンごと開いてしまいます

 でも対策がないわけではありません。起床時ならアラームで一度起きるタイミング、例えば1分後の時間差指定をします。それなら一度軽く覚醒しているので、モーター音+光で起きなくちゃという気にさせられます。もし、起床時間が定まらないという方は、目が覚めてから布団の中からスマートフォンでリモート操作するといいですね。とりあえずふとんから出なくていいので、少し楽できます。

リモート操作時のアプリ画面
目覚めてから自分で開けるのも手!

 理想としては、目覚ましのアラームを止めたタイミングで、カーテンが勝手に開き出すという連携。睡眠アプリはたくさん出ているので、そういったアプリと連携できると便利ですよね。

 そんなこんなで格闘しているわけですが、最近の悩みは、曇天や雨ばっかりで、朝日となかなか出会えないこと。特に困っているのが、年々低気圧に体調を左右されやすくなっている点。雨の日は目覚めた瞬間にすでに調子が悪いことを実感できるくらい。吐き気と倦怠感で本当に起き上がれなかったりするんですよね。

 そうなるともういろんなことがイヤ! 起きるのも仕事するのもイヤ! イヤイヤ期って更年期にもあると思うのは私だけでしょうか。

 その症状とメラトニンはあまり関係なさそうな気がしてますが、なんとかコンディションを整えたくて、指定時刻にジワジワ点灯し出す目覚まし用のライトなんかも別途試しているところです。

 人間、年を取ると睡眠時間は短くなるわ、中途覚醒しやすくなるわ、睡眠の質も悪くなるわとよくないことばっかり。年齢的なものも多分にあると思うんですけど、それゆえに朝すっきり起きられるって素晴らしいことなんだな! と改めて思えるようになりました。