自宅Wi-Fiの“わからない”をスッキリ!

【使いこなし編】第11回

Wi-Fiの電波の強さを正確に把握しよう(1)

 使いこなし編は、まずWi-Fiの電波状況を良くすることにフォーカスしている。Wi-Fiでの通信状況を改善するため、自宅内の電波状況を数回に分けた作業で把握していこう。最終的に、Wi-Fiの電波強度の分布を可視化するのが目標だ。

今回は自宅内でWi-Fiをよく使う場所で電波を計測し、その強さを把握する方法だ。電波の弱い場所が分かりやすくなる

 Wi-Fiの電波強度[*1]を自宅内のさまざまな場所で計測していくと、現在設置しているWi-Fiルーターで電波が弱い場所が分かるので、どの部分を補強すればいいかを判断しやすくなる。

 例えば、Wi-Fiルーターの設置場所を変更したり、中継器を追加するときにはその場所を吟味したりするのに役立つ。メッシュWi-Fiにする場合には、その設置場所を決めたり調整する際に活用すると便利だ。

[*1]……特定ポイントでの電波の強さは、無線の用語では「電界強度」と言うが、ここでは一般的にも分かりやすい「電波強度」としている。この強度についてアプリで計測できるのは、たいてい「受信電力」なのだが、その基準は、通信速度だったりS/N比(信号とノイズの割合)だったりと、まちまちだ。

 アプリで「RSSI」と書かれていれば受信電力(単位はdBm)、「SNR」ならS/N比(単位はdB)を計測していると判別できる。厳密な計測ではないので、電波の強弱が直感的に判別できるなら、あまり気にしなくてもいい。電界強度(単位はμV/mとかdBμV/m)を正確に計測している無料のアプリは、おそらくないと思われる

 Wi-Fiの電波強度を、とりあえずアバウトに知るだけなら、Wi-Fiアイコンの表示でも強弱は分かる。ただ、ちょっとアバウト過ぎるので、もうちょっと細かく計れるアプリを使った方がいいだろう。Wi-Fiの電波の強さを計測できるアプリは、ここまでの連載で何度か登場している。

 Androidの場合には、「Wifi Analyzer」を使ってみよう[*2]。これまでの連載ではチャンネルの表示に使ったが、今回は電波の強さを時間軸で表示するモードを利用してみよう。

 上部の目のアイコンをタップして、[時間グラフ]を表示させる(画面を右にスワイプしても表示できる)。このままだと、たくさんのSSIDのグラフが表示されて訳が分からないので、[≡]の[フィルタ]をタップし、表示させたい自宅のSSIDのみにチェックを入れて、[フィルタ]をタップして設定する。これで1本のみのグラフ表示になるはずだ。

[*2]……Googleの仕様変更で、アプリに位置情報にアクセスできる権限を与えないと、スキャン動作ができなくなっている。グラフが表示されないときは、設定から[アプリ]→[権限]→[位置情報]で「Wifi Analyzer」をオンに切り替えてみて欲しい

[時間グラフ]を選択する
そのままだと大量のSSIDが表示されて見にくい。[≡]から[フィルタ]をタップする
自宅のWi-FiのSSIDにチェックを入れる
グラフが1つに絞られるので見やすくなる。電波の強さを計測しよう

 iOSの「AirMacユーティリティ」は、使いこなし編の第9回で詳しく紹介しているので、使い方や設定方法などはそちらを参照して欲しい。

 アプリを起動して[Wi-Fiスキャン]をタップした後のSSIDが表示される画面で(もしスキャンされていないときは右上の[スキャン]をタップする)、計測したいSSIDをタップすると、特定のWi-Fiルーターの電波強度(受信電力)が「RSSI」という項目に表示され、定期的に更新されていく。グラフ表示ではないので直感的に分かりにくいが、この「-XXdBm」と表示される数値が小さければ、電波が強いことになる。

AirMacユーティリティの[Wi-Fiスキャン]をタップすると、周囲のSSIDが表示される。スキャンされていなければ、右上の[スキャン]をタップしよう
自宅Wi-FiのSSIDをタップすると、時間経過に従ってリスト表示される。「RSSI」という項目が電波の強さを表す

 この状態で室内をウロウロしてみて、電波の強い場所と弱い場所をチェックする。特にいつも利用する場所に移動してみて、どの程度落ちるか探ってみよう。数値で見ることで、なんとなくネットが遅いな~というイメージだった場所で、明確に電波が弱くなることが確認できるはず。この弱くなってしまうポイントを覚えておくようにしよう。

 次回は、電波状態をもう少し分かりやすく活用できるよう、可視化してみる作業をしよう。

今回の教訓(ポイント)

自宅Wi-Fiの電波の強さを計っておくと、電波状況を改善するのに役立つ
電波の強さはWi-Fiをスキャンするアプリを使うと正確に把握できる

「自宅Wi-Fiの“わからない”をスッキリ!」連載記事一覧

村上 俊一

1965年生まれ。明治大学文学部卒。カメラマン、アメリカ放浪生活、コンピューター雑誌編集者を経て、1995年からIT系フリーライターとして活動。写真編集、音楽制作、DTP、インターネット&ネットワーク活用、無線LAN、スマホ、デジタルガジェット系など、デジタル関連の書籍や雑誌、ウェブ媒体などに多数執筆。楽曲制作、旅行、建築鑑賞、無線、バイク、オープンカー好き。