急遽テレワーク導入!の顛末記

テレワーク助成金、ついに決定! 盲点だった価格変動・在庫切れ…… ――急遽テレワークを導入した中小企業の顛末記(8)

テレワーク助成金申請のその後

「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」に伴う、今回の戦果

 緊急事態宣言の解除からしばらく経ち、通勤電車の込み具合もほぼ戻ってきたように思う。その一方で「東京アラート」が発動するなど、都内の感染リスクは未だに警戒レベルにあるようだ。

 ……この記事を書いている時点で、全国で緊急事態宣言が解除されてから18日が過ぎた。

私が勤めている新宿にある中小企業では、先月の28日(木)から通常通りの勤務を再開している。その通勤初日、会社に一通の封書が届いた。今回はそれに伴うドタバタについて、紹介したいと思う。

【今回のハイライト】
助成金、支給決定
盲点だった価格変動……
買えてよかった

5月28日(木): 東京タワーが営業を再開した日助成金、支給決定!

 テレワークは昨日で終わり、今日から再び出勤することになった。通勤電車に1時間揺られ、会社のデスクにつき、パソコンの電源を入れる。さて、気持ちを入れ替えて、今日も仕事を始めますか。

 急ぎのメールに返答して、自宅で作業したファイルをクラウド経由で開いていると、ふいに肩を叩かれた。振り返ると、なんだか疲れた笑いをしている会社の役員がいて、「今ちょうど届いたんだよ」と一通の封筒を手渡してくる。その封筒に書かれていたのは「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 支給決定通知書在中」

【事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 支給決定通知書】
「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 支給決定通知書在中」

【役員】 えっ、本当に? これが、テレワークが終わって、出勤初日のまさに今、届いたの? ほんと、冗談みたいなタイミングだよね
【飛田】 いや、ネタとしては美味しいですけど、コレは……

 宛先の下には「支給決定通知書在中」とあり、中を開けなくても支給が決定したことが分かる親切仕様。「これじゃあドキドキ感がないし、気が利いてないよね」(役員)なんて、乾いた笑いを二人で交わす。

 とはいえ、コロナウイルス感染拡大の第2波が噂されている今、それに備えるためにも、テレワーク環境の整備は万全にしておきたい。助成金の申請に必要な見積書を取ってから、随分と時間が過ぎてしまった。購入する機器の在庫状況などを、早めに調べておく必要があるだろう。

5月29日(金): J1リーグが7月4日からの開幕を決定した日申請した機器は在庫切れ、価格が変わっているものも……

 今日も定時に出勤して、パソコンの電源を入れる。急ぎの仕事を片付けていると、午後に時間が空いたので、助成金で購入する機器の在庫を調べてみた。

 4月に助成金を申請したときには、ヨドバシカメラとビックカメラのオンラインショップで機器を探し、見積書を作成した。改めて型番から機器を検索してみると、ノートPCは在庫があったものの、ヘッドセットとWebカメラが売り切れている。

 助成金の募集要項いわく、「支給決定された機器等が欠品等のため、同じ品目で代替品を購入する」ことは可能とある。

 ただし、再度見積書を取る必要があるので、同じオンラインショップを使うのがよさそうだ。さっそく、ヘッドセットを探してみるが、ゲーミング用のゴツいものしか検索結果に出てこない。というか、 4999件の「ヘッドセット」がヒットしたのに、検索結果の2P目から「予定数の販売を終了しました」ばかりが並んでいる状態だ。 テレワークのために需要が急増したのだろうが、これはヤバい。

ヘッドセットを検索してみるが、「予定数の販売を終了しました」ばかり

 続いて、Webカメラも検索してみるが、こちらも品切れが続出していた。その中でも、何とか申請したものと同じ価格帯で、使えそうな機器をピックアップする。

「Adobe Creative Cloud」の価格が乱高下していた

 あとは……「Adobe Creative Cloud」か。申請していたのは12か月版のサブスクリプションだったので、同じものを探してみると7万2330円だった(5月29日時点)。だが、申請時に作成した見積書のコピーにある価格は5万2536円。えっ、1カ月ちょっとで、そんなに価格が変わっちゃうの!?

 助成金の募集要項いわく、「支給決定された機器等の価格が変更になり、申請時点より高くなった場合でも、支給決定通知書に記載の支給決定金額を超えた額の助成はいたしません」とある。つまり、差額は弊社負担。

 助成金は基本的に消費税に適用されないので「10割助成」でも、もともと消費税10%分は弊社負担。そこに2万円が追加、というのは、正直ちょっと痛い。

 Amazonの価格履歴を表示する「Keepa」で調べてみると、4月29日には4万7755円だった新品価格が、5月9日には6万5755円に。その後、5月25日に4万7755円となり、5月30日には再び6万5755円にと、価格が乱高下していた。

 ダウンロード版なので「売り切れで高騰」というよりは、キャンペーンなどの都合だと思うが、ちょっとどうしようか、考えよう。

 なお、助成されるのは“9月30日までに完了する取組が対象”なので、同日までに購入する必要がある。しばらく価格の変動を見守った方がよいかもしれないが、第2波に備えることも考えると早い方がいいだろう。いずれにせよ、うちの会社は1本だけの購入なので、そこまで大きな衝撃ではないが、大きなデザイン会社などは大変だろうな……

6月3日(水): 読売巨人軍の坂本・大城のコロナ感染が発覚した日さぁ購入! いざビックロに

 オンラインストアで探した代替品について、役員の承認が下りた。いよいよ今日、助成金で申請していた機器を購入する。

 会社のカードの限度額などがあるので、今回は実店舗に行って、機器を現金で購入することになった。新宿のビックロに行く途中で銀行に立ち寄り、役員はATMでお金をおろし、私はその様子を背後から見守る。気分はすっかりガードマンだ。

【役員】 飛田くん……。マスクをした男がATMの後ろにずっと立っているのって、その、どう思う?

 間違いなく不審者ですねー。サングラスがあれば、さらに完璧だったかもしれない。

2日前の在庫がもう、ない……

 今回はノートPCなどを「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」で購入することに

 さて、ビックカメラには、各店舗に「まとめ買いアドバイザー」がいる。今回は店舗に行ける時間が読めなかったので、アドバイザーの予約はしなかった。ただ、お店の方に相談すると、売り場の方が購入の相談に乗ってくれるようなので、さっそく先日に取り直した見積書を手渡す。

その方は、見積書に書かれた機器をチェックすると、手慣れた様子で対応してくれた。話を聞くと、テレワーク関係でまとめ買いをする客が、最近増えているという。

【店員】 これは……いくつかの商品が在庫切れしていますね

【飛田】 えっ、2日前にはオンラインストアで普通に販売していたのですが?

【店員】 テレワーク関係のものは、ビックカメラ全体で在庫がかなり少なくなっておりまして。メーカー在庫も残り少なくなっているので、発注しても届くのがいつになるか……

 助成金の募集要項いわく、「代替購入する機器(税込単価 10 万円未満)の見積書を取得し、実績報告時に写しをご提出ください」とある。ここで買うものを変更すると、また見積書の取り直しだ。役員の承認…は目の前にいるから、すぐに取れるだろうけど。

 結局、役員と相談して、在庫が無いものも予約購入することになった。「納期が未定ですがよろしいですか?」と念を押されたが、現金持参かつガードマン同行で来店した以上、ここで支払いを済ませておきたいらしい。

 大きな会社だったら稟議書の取り直しだっただろうな。それで、また購入までに価格が変わっていることはもちろん、今の在庫状況を見ると、他の代替品もことごとく品切れになっている可能性もありそうだ。

あってよかった見積書!

 さて、これで購入すべきものはすべてそろった。在庫が倉庫にあるものは後日発送となるが、店頭にあるものは今日持ち帰ることも可能なようだ。ただ、ソフトウェアについては、規約上発送することができないという。

「Adobe Creative Cloud」「Office Home and Business 2019」はダウンロード版なので、プロダクトキーが記載されたPOSAカードで売られている。一方、セキュリティソフトはA5サイズのパッケージで売られていた。「CD-ROMを同梱しておりません」と書かれており、大して重くもないが、大企業だったら大変だっただろうなパート2である。

「Adobe Creative Cloud」と「Office Home and Business 2019」は、スマホサイズのPOSAカードで販売

【役員】 そういえば、ここに4月に取った見積書がありまして、『Adobe Creative Cloud』の値段が今より2万円ほど安いのですが、金額をそろえてもらうことはできますでしょうか

 ここで、最後まで温存していた、値引き交渉用のカードを使ってみる。見積書に有効期限は書かれていないが、助成金申請のために作ったものなので、作成されてからすでに1カ月以上経っている。正直なところ、どう対応してもらえるかはわからないが、「2万円」は大きな金額だ。他のもののも合わせると、結構な量をまとめ買いしているので、若干配慮してもらえると助かるのだが………

【店員】 これは…少々お待ちいただけますでしょうか

 店員さんがバックヤードに下がって、何やら相談をはじめた。数分後に新たな明細書を持って、店員さんが姿を現す。……見積書のおかげで、考慮してもらえた部分があったようだ。

 これで、「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」の対象の中でも、一番大きな買い物が終わった。ノートPCは1台在庫があったので、そのまま持ち帰ることにする。値引き交渉に成功し、獲物を手に歩くのは、なかなかの達成感だ。

 会社に帰って見積書を見直すと、「ご購入時期により、販売価格が変更になる場合がございます」との注意書きがあった。お店の方は普通に値引き交渉に対応してくれたんだなぁ。感謝。

ノートPCの店頭在庫は1台だけだったので、そのまま持ち帰ることにした

 いよいよテレワークに必要な機器がそろってきた。来週にはVPNルーターも届きそうなので、そのセットアップも進めていきたい。

※編集部より
テレワーク導入から在宅生活の楽しみ方まで!
「在宅で仕事する時代」の情報をまとめたサイト「在宅ライフ」を公開中です。ぜひご活用ください。

飛田九十九